So-net無料ブログ作成

タクシー運転手の職業病?右肘が大変なことに・・・ [健康]


えー、何年も前のことなんですが、運転姿勢って大事だな、というお話です。


タクシーに乗り始めて2~3年ぐらいのことです。

すっかりベテラン気取りで偉そうに運転していました(すいません)。

運転席の窓に肘をかけて運転するようになってしまいました。



スポンサードリンク






ほとんど無意識でやっていたので、どれくらいの期間、肘をかけていたかはわからないのですが、


ある時、ふと右肘に触れた時です、物凄く違和感がありました。


「・・・ん?」


「あれ?なんだ?」


と背筋がゾッとしたことを憶えています。


恐る恐る肘の感触を確かめてみると、


なんと・・・


肘がザラザラしているんです。


寒気が走りました。


そして、恐る恐る目視をこころみたのですが、まぁ肘というのは見えにくいんですね。


不安になって、右肘をゆっくり鏡に写したら・・・




「なんじゃこりゃ~!!!!!!」



右肘の皮膚が象の皮膚みたいなんです。



どす黒いんです。


厚みあるんです。


触ってる左手には感触があるのですが、触られている右肘には全く感じないんです。


ぶったまげました。


マメともタコとも違うんですかね、皮膚が厚みをまして強化されていました(苦笑)。

すぐに運転姿勢が原因だと思い当たったのですが、まさかこんなことになるとは衝撃でした。



スポンサードリンク






あまりの衝撃とショックで、それからの仕事中は必死で運転姿勢を気をつけるようになりました。


今では右肘の状態はすっかりと元に戻りました、だいたいニヶ月ぐらいかかったと思います。


どうしても仕事中に気を抜くと、ドアに肘をかけてしまっていたので、すぐに止められれば、もっと早く治ったかも知れません。


周りの運転手を見ると、窓に肘をかけて運転している姿をしばしば見かけます。


自分もやっていたので偉そうなことは言えないのですが、見た目の印象はあまり良くないですよね。


そして肘にもよくはないです、これも一つのタクシー運転手の職業病かも知れません。


きちんとした運転姿勢を心がけたいものです。

運転姿勢.gif

今一度、運転姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。


心当たりのある方、右肘をチェックしてみてください。


もし少しでも皮膚が厚くなっている徴候が見られるのであれば、気をつけてください。


肘をかけるのやめれば、元に戻りますから。


きっとマメだったり、タコだったっリ、イボだったり、魚の目なんかも、皮膚の一点に負担がかかって出来てしまうのでしょうね。


運転姿勢だけではなく、普段の生活から姿勢を気につけたいものです。


私は猫背なので、本当になんとかしたいです。


時々、歩いている時に、お店のショウウィンドウなどに写った自分の姿を見て愕然としてしまいます。


やはり猫背はかっこ悪いですね。


クビが前に出ていて、自信なさげに見えます。


その時には姿勢をただすのですが、気を抜くとすぐに猫背に戻ってしまいます。


それでも気づいた時だけでも、正さないよりは正す方がいいと思うので、思い出す度に正していこうと思います。


タクシーの運転中も、窓に肘をかけている運転手を見かける度に、


「あっ」


と気づいて、やめていくきっかけにするといいですよ。


私も姿勢の悪い運転手を見かける度に、


「あっ」


と姿勢を正しています、「人の振り見て我が振り直せ」であります。



それでは、今日も適切な運転姿勢で安全運転で♪


【関連記事】

腰痛はタクシー運転手の宿命?

車内で出来る腹筋トレーニング

リンパ液の流れを促進しよう!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ