So-net無料ブログ作成
検索選択

堀江貴文「ゼロ」を読んで、瀬戸内寂聴さんの言葉と共に大感動! [本]


今回は最近読んだ本について紹介させてください、ホリエモンこと堀江貴文さんの、


「ゼロ 何もない自分に小さなイチを足していく」


という本を読んで、かなり衝撃でした。


全然タクシー関係ない話です、でも紹介したくてたまらないので、紹介します。


たぶん、口調、文体も変わるので、先に謝っておきます。



スポンサードリンク






感動、というか衝撃でした。


マスコミが作り上げたホリエモンというよりは、やはり堀江貴文という人間の自伝。


タイトルの「ゼロ」というのが、本当に意味深く、何もないところにイチを足していく、というお話。


うーん、なんて言うんだろうな。


過去に読んだホリエモンの本は、いかに合理的に考えるか、スピードアップ、既成概念破壊、効率化、等をテーマにしていたんだけど、今回のは何故にそういたったかの説明もあって、とにかく良い本。


今までのことを、それを掛け算と表現していて、今回のはもっと基本の手前の話、足し算、何もない自分にイチを足していく意味、大切さを語っている。


ある程度、積みあげられれば掛け算で飛躍的に成長できるけど、0に何を掛けても0のままだよ、1に2を掛けても2にしかならないよと、まずは足し算で自分という存在価値を高めていこうぜ、掛け算(例えば株式公開)はその先だよ、ってこと。



失敗しても0に戻るだけ。


あと衝撃だったのは。


貯金に励みわが子や教え子たちにまで貯金を推奨する人たちは、面倒なことを考えたくないだけなのである


という言葉でした。続けて、


「お金のことも、将来のことも、自分自身の生き方も、なにひとつ真剣に考えたくない。自分を信じられず、他人を信じられず、お金だけしか信じるものがなく、いざというときのために貯金をし、いざとなったらカネで解決しようとしている。そんな態度が、本当に美徳と呼べるのだろうか?」


とあり、頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けました。


自分もそうだったので、いざというときのために貯金していたほうなので、
それが当たり前で何の疑問も持たずにそうしていたので、凄い気付きを与えてくれました。


もっとたくさん色々な例で自己投資への大切さを語っており、

今までの自分が恥ずかしくなりました。


美徳、本当の美徳についてね、考えさせられました。



スポンサードリンク






そもそもこの本を読んで見ようと思ったきっかけは、TVで堀江貴文さんが瀬戸内寂聴さんに人生相談をしている企画がありまして、


堀江さんは離婚をしており、子供が二歳の時から一度も会っていない、それでよかったんだろうか?と相談していました。

離婚直後は子供に会いたくて会いたくてたまらないけど、会いにいってはならないと、自分を律して、仕事に打ち込んでいた、と。


その選択は正しかったのだろうか?と言う相談を瀬戸内寂聴さんにしていました。


私も離婚しており、子供が1歳3ヶ月のときから一度も会っておらず、会いたくたまらない気持ちは凄くわかったので、瀬戸内寂聴の言葉、解答はとても気になりました。



瀬戸内寂聴さんは、


「人との縁は切れるものではない、こっちが切ったと思っても必ず繋がっている」


と言いました。


「あなたから会いに行ってはいけませんよ、その時がくれば必ずむこうから会いにきます」


と断言しました。


私はそれを聞いて、ボロボロ涙を流してしまいました、まるで私に言ってくれたみたいで。



その番組内で紹介されていたのが「ゼロ」でした。


どんな苦境でも進んでいく姿がとても格好良く、


「絶望しているヒマはない」


なんてフレーズにもしびれました。


私は昨年の離婚直後の3ヶ月は完全に停滞していので、この本に出会えて本当に良かったです。



きっと離婚していなければ、この本の内容は全然響かなかっただろうとは思います。


それはそれでいいんだけど。



本との出会いというのは凄いもので、前に読んだ脳の本で知ったのですが、


自分自身の潜在意識が、今必要な情報を求めて本を導いてくれるんです。


今までも奇跡というタイミングでたくさんの本に出会えた、たくさんの人間に出会えた。


本当にその時々の自分に、ピッタリの情報、人間を呼ぶというか、気づかせるように脳が判断してくれるのです。


全く同じモノでも時期が違えば何も感じない、モノの変化ではなく自分の内面の問題なんです。


似たようなところでは、私の実感では味の好みもそうかな。


昔大好きだったラーメン屋さんのこってりした味噌ラーメンが、10年ぶりに食べると全然身体が受け付けませんでした。


当時は身体も動かしていて、若さもあり、身体が求めていた栄養、味だったんだと思う。


今の運動不足の私には、栄養過多で遠ざけたい味なんだと思う。

それを脳が判断して、美味しい、不味い、と同じモノなのに判断を変えた。

そのラーメン屋さんは相変わらず繁盛しているんです。



普段本を読まない人も読んだらいいと思うよ。


小説やマンガは娯楽に近いから、出来れば実用書のコーナーで、ボーっとタイトル眺めて見るといいよ。


きっとあなたの脳、潜在意識が欲している情報の本を見つけてくれるから。


気になるタイトルに反応するから、それ買ったらいいよ、古本屋でも全然いいし。


自分で考える、というのも素晴らしいんだけど、煮詰まったら先人、経験者の知恵を借りるのもいいと思う。


その上で自分の判断。


自分の足だけだったら動ける範囲なんてたかが知れているじゃないですか。

道具、車、飛行機、船、それらがあるから遠くまで行ける。
それらは先人の知恵、努力の結晶ですよ、感謝して使いましょうよ。


もちろん歩くのも必要、それがイチでもあるしね。


あなたにとって素敵な本との出会いがありますように!







それでは、今日も小さな一を足して、安全運転で♪


【関連記事】

稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?

水曜どうでしょうに癒し効果が!

女性タクシードライバーは必読?


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ