So-net無料ブログ作成
検索選択

雪道で事故が多い車は4WD!性能向上で危険察知出来ない危うさも向上 [テクニック]


前回の記事大雪 雪道運転のテクニック?で、少々お叱りを受けまして(苦笑)、


「全然、雪道運転の役にたたねーよ」


と、言われてしまいました。



いや、まぁ、そうなんですけどね、具体的にテクニックを紹介したわけじゃないですから。



どちらかと言えば「運転するな」って言っているわけですから。



スポンサードリンク






その、雪道の怖さを知っているだけにですね、なんとなくで出来るものでもないし、付け焼き刃的なテクニックで、ヘタに自信つけちゃって、調子にのるほうが危ないと思うんですよ。


雪道で事故が多いクルマは4WDなんです。


発進で滑りにくいから、滑り始めに気づくのがブレーキの時で手遅れ、なんてパターンが多いんです。


雪道に弱いと言われている後輪駆動のFR(タクシーがそう)は、リアが軽くて発進で滑りやすいから、FFよりも早く路面凍結の始まりに気づきやすいです。



まぁ、でも前回のは偉そうになってしまっていました、不愉快な思いをした方、ごめんなさい。


先日ラジオで流れてきた吉田拓郎さんのデビュー曲の



「イメージの詩」



の歌詞にこんなのがあります。


古い船には新しい水夫が 乗り込んでいくだろう 古い船をいま 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう なぜなら古い船も 新しいふねのように 新しい海へ出る 古い水夫は知っているのサ 新しい海のこわさ




この歌詞のことを以前、TVで明石家さんまさんが紹介していたことを思いだしました。


「この歌詞に部分が好きやわ~」ゆうて。



ラジオを聞きながら、私も


「なるほどなぁ~」


と関心させられました。



スポンサードリンク






新しいクルマやタイヤの性能の進化によって、安全性などが向上しており、それに慣れた人間が、古い車に乗るとまともに運転が出来ないな、と。(ABSやパワステやエアコンがない等)


ふと、新しい海の部分も気になりまして、


現在の車社会を考えると、昔より危ないことが多いんじゃないかと、感じることがあります。


30年前の車社会だと、


運転手の多くは車の知識、整備の技術はもっていたでしょう。

タイヤのパンクも多かったでしょうし、空気も抜けやすかった。

それ故に、頻繁に整備、調整と車の状態を意識をしていたと思われます。

当時はパワーステアリングの補助がないので、現代のようにだらしない運転姿勢で、寝そべりながら片手でハンドルをグルグル回す輩もいなかったでしょう。


運転姿勢はATの影響もありますね、MTならきちんと座らないと操作しづらいですから。


現代のタイヤから比べると、当時はタイヤの性能も低く、ブレーキでロックがしやすく、ロック状態の危なさ、対処方法も知っている人が多かったと思います。


それが出来ない人の為に「ポンピングブレーキ」という現代の車には合わないテクニックがあったのでしょう。


新しい海


それは快適な車、運転が楽な車、が増えたことです。


よぼよぼで杖をつきながら歩くお年寄りが運転できてしまう、現代の環境を指しているように感じます。


高速道路を逆走、駐車場でブレーキとアクセルを間違えて衝突。


昔ではありえないようなことが起こってしまいます。


ATで運転が簡単だからこそ、スマホ片手に運転する者。

ナビの画面を使ったTV、を見ながらの運転。


タイヤの空気が全然足りていない車もよく見かけます。


昔はガソリンスタンドのお兄ちゃんがタイヤの空気不足に気づいてくれて、補充してくれたのですが、セルフスタンドの普及により、その機会も無くなりつつあります。


地方では交通機関が発達しておらず、お年寄りの方の運転は当たり前なのですが、本当にびっくりするような運転、予測不可能な運転をする方も中にはいらっしゃいます。


こっちの車線が優先とか、関係ありません(笑)。


脇道から出てきたクルマのおじいちゃんが、こっちを見てくれていて、気づいてくれているのに、飛び出てきます(苦笑)。


見えていないのか、見えた上で行ける、と判断したのかはわかりませんが、びっくり通り越して、心配になります。


大きい事故になる前に、軽い事故でも起こして、運転諦めてくれないかなぁ~と思います。


地方、田舎のはずれでタクシーばかり使っていたら、とんでもない金額になるのはわかるのですが、もう少しなんとかならないものかと、感じています。


病院通いはヘルパーさんだったり、買い物は通販や宅配を使ったり、あとは、思い切って便利な場所に引っ越す、とか・・・


難しいですね、お年寄りほど引っ越しはイヤでしょうし。


クルマの事故で亡くなる方は確かに減っています。

衝突安全性の向上、救急医療の進歩もあるでしょう。

事故から2日後に亡くなった場合は、確か交通事故死にカウントされないはずです、間違ってたらごめんなさい。


古い海に多かった危険が技術の進歩により減少し、安全制が向上したのは喜ばしいことですが、

新しい海には新しい危険

がたくさん増えてきている、ということも忘れてはいけないと思います。



我々に出来ることは、新しい荒波に巻き込まれないように、気をつける、というところでしょうか。


また雪道運転とは関係ない内容になってしまいました、また怒られるかな(苦笑)。


週末は大雪のようですから、ドライバーのみなさん、気をつけてくださいね。


それでは、今日も十分に安全運転で♪


【関連記事】

スムーズな減速はブレーキの前が大切

危険な運転をする車の見極め方

中島悟さんの街中運転テクニック!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 23

コメント 2

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ご訪問とniceありがとうございます。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-02-16 09:20) 

ippo

こちらこそありがとうございます。
よろしくです。
by ippo (2014-05-20 07:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ