So-net無料ブログ作成

中嶋悟さんの運転の極意、うる覚えですが・・・。 [テクニック]


この間、交差点でちょっと危ないシーンに出くわしました。


結果から言いますと、なんとか無事故で回避できました。


その時に思い出したことがあります。


若かりし頃、クルマの運転の本を読みあさっていたことがありました。



スポンサードリンク






クルマの運転技術にも色々あるのですが、レーサーのようにコンマ何秒かを争うテクニックを解説した本が多いんです。(最近はそういった本も少ないですが)


一般道に、プロレーサーのサーキットに特化したテクニックは必要ではないのですが、やはり運転技術を極めた人たちの技術というのは素晴らしく、参考になるものもたくさんありました。


誰の本だったか忘れたのですが、印象的だった言葉があります、それは「一般道が怖い」とプロのレーサーが語っていたのです。


サーキットなら相手のテクニックがある程度は想像出来て、クルマの動向、行動がある程度読める、と。


しかし、一般道のクルマの動きがまるで読めない、というのです。



確かに運転初心者もいれば、道に迷っている人もいます。


急いでいる人、携帯電話で話している人、大声で歌っている人もいますね。


どんな行動をとるか、確かに読めません


この間の危ないシーンは、対向車がウィンカーを出さずに曲がってきたんです。


仮にウィンカーを出していたところで、私は直進でしたから、相手側が待つのが当然なのですが、こちらに気が付かずに急に曲がってきて、私に車が急ブレーキとなりました。


お客さんが乗っていない時だったので、まだよかったです。


後続車もいなく、追突されなくて助かりました。


しばらくは心臓がバクバクしてしまいました。


仕事柄こういったことは、しばしば出くわします。


しかしこの怒り、イライラを引きずると、自分の運転に支障が出るので、休憩に入って落ち着いてから仕事に戻ります。


もうこれは、しょうがないんです。


どんなに自分が正しかろうが、間違っていなかろうが関係ないんですよ「。


事故にならなくて「ついてる!」と思うしかないのです。


それが自分の為なので。


そう思えるようになるには長い年月がかかりましたが(苦笑)。



スポンサードリンク






そんなことがあって思い出したのが、中嶋悟さんの本の内容でした。


あの日本人初のF1ドライバーの中嶋悟さんです。

中嶋悟.jpg

ちょっとうる憶えなのですが、確かこの本に書かれていた内容に、


一般道の運転中は意識としては、「前は3割程度しか見ない」というのです。


常に後方や横の状況に意識を向けている、ということです。


極端なことを言えば、上空にも意識を向けている、とまでありました。


ビルの工事中に何か落ちてくるかも知れないから、と。



それぐらい、集中して運転しているんです。


ガチガチに緊張して、ではもちろんないです。


神業のような運転テクニックを持ちあわせている人が、それぐらい集中して気をつけている、ということです。


この本を調べてみると1989年に出版されているので、今は手に入れるのは難しいのですが、大変勉強になった記憶があります。


他にも交差点に侵入する前に(これもうるおぼえですが)、


信号のチェック、
そして歩行者信号のチェック
交差点手前側の歩道部分の歩行者、自転車のチェック、右、左と。
それから交差点、左右のクルマのチェック、
交差点奥側の歩道部分の歩行者、自転車チェック、左右。
そして対向車の動向、


これらをコンマ何秒かでちゃんと意識している、というのです。


なんとなく見るのではなく、意識してきちんとチェックをしている、と。


もちろん、その前には後続車や周りのクルマの状況も頭に入れているのでしょう。


凄い、の一言です。


簡単に真似出来るような技術ではないですが、多少でも近づけるように、意識していきたいものです。


意識というか、無意識にそれらを意識して運転出来るようにですかね。


意識しすぎて肩に力が入って、ガチガチになって運転していたら、それはそれで危ないですから。


中島悟さんのような運転の達人までは、まだまだ遠い道のりであります。


そこまでは難しいですが、せめて体調を整えて、気持ち整えて、落ち着いて、きちんと運転に向き合っていきたいものです。


疲れがたまっていたり、イライラしていると、見落としてしまうことがあるでしょうから。


(本の内容については、あくまでうるおぼえなもので、全然違っていたらゴメンナサイ)

それでは、今日も本当に安全運転で♪


【関連記事】

危険な車を見分ける方法!

車間距離の新基準?「三秒ルール」

タクシーならではのブレーキ!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(80)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 80

コメント 4

提灯行列

お疲れ様です。

過失は無くても、事故にならなくて本当に良かったですね!

完全な貰い事故でも我々タクシードライバーには大きな痛手となります!

ありきたりですが、危険を察知する能力を高めて防衛運転に徹する……ということでしょうか。

何はともあれ無事故が一番ですね!!!
by 提灯行列 (2014-04-12 21:40) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ご訪問有難うございます。
中嶋さんが以前テレビで、乱暴や下手くそ運転車には
近付かないのが事故予防の一つと言ってました。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2014-04-13 14:03) 

ippo

コメントありがとうございます。

本当に無事故が一番です。
テレビで、なるほど。触らぬ神に祟り無し、ですね。
by ippo (2014-04-14 01:54) 

abc

うろ覚え。
by abc (2014-12-13 01:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ