So-net無料ブログ作成
検索選択

シートベルトの高さ調整、したことありますか? [テクニック]


先日、私がいつも乗っているタクシーが車検だったので、別の車に乗った時のことです。


その車の担当の方が小柄だったようで、シートベルトの高さが私とはずいぶんと違いました。


当たり前なのですが、身長(座高?)によってベストのシートベルトの高さがあります。



スポンサードリンク






シートの高さによっても変わってきますね、きちんと調整したいものです。

WS000002 (3).JPG

タクシーの運転手にはシートベルトを固定している方が時々いまして、あまり褒められたものではありません。





事故の時にシートベルトをしていなかったから助かった、なんてこともあるのですが、そんな事故は特例中の特例です。


例えば海に落ちたとかですね、その時点できちんと運転していないわけですから、シートベルトをして、きちんとした運転姿勢で運転していれば、そもそも海に落ちるような運転にならないと思います。


シートベルトをしないで助かったケースよりも、シートベルトをしていれば助かったケースのほうが
何百倍も多いことでしょう。


改めて、きちんとした運転姿勢、そしてシートベルトの高さの調整が大切なんだと感じました。


ある時に、運転代行サービスの方と話す機会がありまして、代行の方ならではの苦労話などを聞いたのですが、


驚いたのが、サービスとして、


「運転ポジションを変えない」


と言うのです。


次の日に、その人が車に乗ったときに調整しないで済むから、と。


・・・サービス、確かに自分の車を調整し直すのは面倒ですが、安全的にそれはどうなのかな?と思いました。


慣れない車で、合わない運転姿勢で・・・、とても恐ろしいことだと思います、私なら運転出来ませんね。


たまたま、身長が近いとかでポジションが合えばいいですけどね。


そんなことは稀ですし・・・、ある意味、代行さんは凄いな、と思います。


私の住んでいる北海道では、冬はもちろん雪が振ります。


圧雪路はわりと路面状況が読みやすいのですが、アイスバーンになると、路面状況の判断がとても難しいんです。


それを慣れない車で、合わないシートポジションで、空気圧の調整もされていない古いスタッドレスタイヤで・・・


なんて想像すると、私には出来そうもありません。



スポンサードリンク






運転代行のドライバーさんが、超絶テクニックを持っていることを願います。


数年前にアイスバーンで慎重に運転していた私のタクシーを、勢いよく抜いていった運転代行の車が、目の前でスピンして中央分離帯に突っ込んでいったことがありました。


幸い雪山だったので、大事にはいたりませんでしたが(バンパーが一部外れたぐらい)、私の自家用車を運転代行にお願いしようとは、思えなくなりました。


その突っ込んだ車は、代行の追いかける側の車なので、乗り慣れているはずんなんです(二人乗っていたので、おそろく代行の帰り)。


だからといってタクシーは安全!だとは言いませんが、運転に過信は禁物だと思います。


運転技術は人それぞれ、程度の差はありますが、シートポジションの調整などは、本当に基礎で、それらをあまく見ている人というのは、やはり事故に合う可能性が高いのではないでしょうか。


シートベルトやシートを作っているメーカーのページに、わかりやすい説明のがありました→シートベルトの正しい装着方法


こういった基礎を疎かにするドライバーは、きちんと手を洗わない料理人のようで、私は好きになれません。


とんねるずのみなさんのおかげでした、という番組で、「きたなうまい店」という企画があり、見た目は悪いけど美味しいよ、という趣旨のコーナーがあるのですが、


あれ、私はイヤです(笑)。


番組はおもしろいので見てしまいますが、厨房や調理器具まで汚いお店の料理は、どんなに美味しそうでも食べたくありません。


ただ、店構えや店内は古かったり汚れていたりしますが、調理場はそれなりに整えられていることが多いですけどね。



そこは料理人としてのプライドがあるのでしょう、時々調理場も汚いお店もありますが。


ちなみにこのコーナーは、最初は「きたなシュラン」→「きたなトラン」→「きたなうまい店」に変化して行きました。


色々大人の事情があるのでしょうね(笑)


それでは、きちんとしたシートポジションで、今日も安全運転で♪


追加で、ちょっと思い出したことを書きます。


だいぶ昔のことなのですが、テレビでグラマラスなアイドルがシートベルトをしていなくて警察に捕まったときに、


「おっぱいが大きくて苦しいから出来ないんです!」


と、おっぱいを強調したら見逃してくれた、という話をしていました。


妊婦さんがお腹を圧迫しないようには認められていますが、おっぱいは初耳でした。


男にはわからない苦労があるのかもしれませんが、テレビを見てビックリしたのを憶えています。


それこそシートベルトの高さ調整で、うまくおっぱいの谷間にシートベルトを通して、うまく回避できるといいんですけどね、こればっかりは男の私にはわかりませんが。


男のシンボルもポジションが悪いと治まりが悪くて痛い時があるので、似たようなことなのかも知れませんね。


なんだか下ネタ連発しているようで、すいません。


あくまでも、安全の話ですから(笑)。


それでは、今日も適正な運転姿勢で安全運転で♪


【関連記事】

運転手の腰痛の原因は運転姿勢?

雪道で大事故が多い車は4WD!

清潔感のある男性はモテって本当?


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(85)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 85

コメント 6

まゆこ。

シートベルト…。助手席専門?だった頃 調節出来るの知らなくて背の低い私は痛い思いしてました(>_<)。タオル当ててました(笑)。汚いお店、保健所があの番組観たら 変な汗出てるかも(ToT)!? 怖い怖い、です。
by まゆこ。 (2014-05-28 08:25) 

ippo

なるほど、小柄な方だと首にベルトがあたって危ないですね
、確かに保健所はどう思っているのでしょうね。

by ippo (2014-05-28 11:27) 

サニー

そういえば調整できそうな感じですね。
by サニー (2014-05-29 17:01) 

ippo

おそらく大抵の車種で調整が出来ます。
後部座席だと出来ないことも多いですが。
by ippo (2014-05-29 17:54) 

mimimomo

こんばんは^^
ドライバーとしてポジションが悪いと運転できないです。ま、神経鈍いから、
その辺をきちっとしていないと^^ もっとも高齢で、今は運転しないですが。
助手席はまるでわたくし用で、ぴったりです^^
by mimimomo (2014-05-29 19:04) 

ippo

ぴったりなら良かったです!
by ippo (2014-05-29 19:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ