So-net無料ブログ作成
検索選択

俺のダンディズムで傘を特集!タクシーのトランクに便利な傘収納方法! [テクニック]


私の大好きなドラマ、「俺のダンディズム」で傘が特集されていました。


前回放送では財布の特集がされていて、それもとても面白かったです。


このブログでも何度か財布については触れてきましたが、改めて職人さんの心意気やブランドの背景が勉強になりました。



スポンサードリンク






今回は、ということでこれがまた面白かったんです。


傘の歴史や進化の過程、国による違いなんかがあって、とても面白かったです。


ワンタッチで開く傘はドイツのブランドの発明だったり、日本の技術力の話も粋でした。


イタリアはやっぱり傘もオシャレで、流石だな~と感じたり。



昔にちょっと奮発して5000円ぐらいの傘を買ったことがあるのですが、見事に風に煽られて折れてしまいました。

それ以来、傘は安いものしか買っていないのですが、またちょっと欲しくなりましたね。

風でめくれてひっくり返っても折れない傘、なんてのも紹介されていました。

WS000001.JPG

骨組みにグラスファイバーを使用していて、簡単には折れないのだそうです。


この傘を作ったコボルトというドイツのブランドが、ワンタッチで開閉する傘を開発したそうです。



しかもお値段が4320円と手の出ない金額ではないんですよね。


大切に使って一生モノにしたいです、楽天で売り切れていましたが・・・。


ドイツの機能性重視、イタリアのデザイン重視。


どちらも国民性が出ていて、とても面白かったです。



自動車メーカーの特徴と、とても似ているように感じます。


スーパーカーだと、


ドイツ=ポルシェ
イタリア=フェラーリ


という図式に現れていますよね。



高級車だと、


ドイツ=ベンツ、BMW、アウディ
イタリア=マセラティ、アルファ・ロメオ


これもまさしく、質実剛健のドイツ、魅力的なデザインのイタリア、そんな感じがします。



そして、大衆車でも、


ドイツ=フォルクスワーゲン
イタリア=フィアット


と、もう見事なぐらいに国民性や特徴が現れています。


どちらの進化も素晴らしく、ドイツ車もどんどんデザインが洗練されていき、イタリア車も性能が年々向上しています。


目指している山はそれぞれ違うのですが、お互いに刺激しあって、高め合っているようで素敵だと思います。


そういう関係が見事に傘にも現れていて、粋だな~と感じました。


日本だと、ドイツよりはちょっと下でお値段も安めですよ、ってところですかね。


モノにもよりますが。



スポンサードリンク






実はタクシーも傘とは関係がありまして、まぁ、人それぞれでしょうけど、私はトランクに常に傘を常備しています。


大雨の時などに、足の悪いお年寄りに付き添って玄関まで行ったりすることがあるので、ちょっと大きめの傘を用意しています。


以前、その傘の収納場所に悩んでいたことがありました。


トランクにただ置いておくと暴れますし、雨に濡れた傘で水浸しにもなります。


ある時に解決方法が目の前に現れました、言葉通り目の前に。


タクシーの燃料補給でLPガススタンドに立ち寄った時のことです。


少し混んでおり並んでいまして、前のタクシーの燃料補給でトランクが開くと、なんとそこに解決方法がありました。


S字フックで傘をぶら下げていたのです。


100均で売っていそうなS字フックで見事に解決していました。


トランクの収納スペースも犠牲にすることなく、しかも濡れた傘の乾きも良さそうで。



すぐに真似させてもらいました(笑)。


外れて落ちることもなく安定しています、素晴らしいアイディアだと思います。


S字フックではないのですが、似たような画像がありました。


WS000001.JPG


こんな感じです、これをS字フックで代用出来ます。


同じような悩みの方がいましたら、是非オススメします。


ちなみにイギリスの超超高級車、ロールス・ロイスにはこんな装備があります。

WS000001.JPG

ドアから傘が出てきます(笑)。


運転手つきが当たり前の王侯貴族の発想ですね。


ドアの大きさを考えると日本車、特にタクシーだとかなり小さめの傘になってしまいそうですが、うまく斜めに収納したりすれば、出来なくはないのかも知れませんね。


ドアの強度設計に影響を及ぼしそうですが・・・。


過去にBピラーに収納するクルマもあったはずですが、ちょっと画像が見つけられませんでした。

WS000001.JPG

ドアを開けてタイヤの空気圧の表示がある辺りに、ロールス・ロイスのドアのようにスッポリと入るのです。


ただいずれの場合も専用の傘が必要で、風で折れるとディーラーで注文、という面倒なことになりそうです。


そこはドイツのコボルト社の折れない傘を標準装備してもらいたいですね。


タクシーにこんな装備がつく日は・・・きっと来ないでしょう(笑)。


自分で用意して対応するしかありませんね。


雨の運転は普段よりも何倍も疲れますから、本当に気をつけてください。


それでは、今日も雨に気を付けて安全運転で♪

【関連記事】

梅雨時は事故が多い?低気圧との関係

洗車は雨の日が効率的?頑固な汚れに

雨の日の夜間の運転の難しさ!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(92)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 92

コメント 4

まゆこ。

傘もダンディですよね(^-^ゞ 以前男性が骨がたくさんの傘をさしてて素敵だなって思いました。安物なんだよって言ってましたが。 お客様の為に傘を用意する自体がダンディですよ(^-^)b。ドラマの最後に出てくるストーカー?が気になります(笑)
by まゆこ。 (2014-06-06 15:47) 

ippo

私も16本骨の傘を持っていました、1000円しなかったです。
風で折れましたけど(笑)。
ストーカーはお兄ちゃん!ってオチを予想します!
by ippo (2014-06-06 19:51) 

まゆこ。

ローカル番組で傘特集観ました。三倍の24本もあるのですね!? 千円位でした!! 最近、傘が気になります。私の傘は、耳が付いた猫の…子供用?の傘です(笑)
by まゆこ。 (2014-06-09 11:53) 

ippo

24本?凄いですね、でも重そう・・・。
by ippo (2014-06-09 15:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ