So-net無料ブログ作成

燃費向上、エコ・ドライブ!テレビで紹介されていました。 [テクニック]


先日、テレビ番組の企画でエコ・ドライブの方法が紹介されていました。


市販車で燃費が一番のトヨタのアクアに芸能人が4人乗車し、東京からどこまで行けるか?という企画でした。


結果は、九州の目の前でガソリンが尽きて、終わったと思います(間違っていたらごめんなさい)。


エコカーというのは燃費を良くするために、徹底的な軽量化がされているので、燃料タンクが小さめの設計だったりします。


アクアだと36リットルでした。


同じぐらいのサイズのヴィッツだと42リットルなので、アクアも42リットルだと九州に届いたかも知れません。



スポンサードリンク






軽自動車の燃費NO1を獲得するために、アルトエコが燃料タンクを20リットルにした時は話題になりました(悪い意味で)。


その番組で紹介されていた燃費向上のテクニック、エコドライブについて気になったことがいくつかありました。


・燃費を良くするために、タイヤの空気圧を高めにしましょう。
・空気抵抗を減らすためにトラックの後ろを走りましょう。


など、ちょっと極端な意見が紹介されていました。


タイヤの空気圧については、これといった目安を提示するわけでもなく、高めといっても、どれくらい高くするのかわかりませんでした。

昔の車関連の本には「高速道路は空気圧二割増し」、なんて意見が多かったのですが、以前にもここのブログで紹介しましたが、


>>タイヤの空気圧と燃費の関係


エコカーの場合は、既に空気圧が高めに設定されているので、そこからの二割はちょっと高すぎだと思います。(アクアは14インチで前輪2.5、後輪2.4)


2.5の二割増しだと3.0になってしまいます、タイヤの減り方に影響が出るでしょう、乗り心地も硬くなり悪化します。


昔の車は2.0が多かったんです(タイヤの扁平率の関係)、そこからの二割増しだと、2.4ぐらいなので問題がなかったと思われます。


空気圧は高すぎより、低すぎのほうが危ないのは確かなので、普段タイヤの空気圧に無頓着な人が、
久しぶりに高速道路に乗るからチェックしようか、ということになるのは良いことですけが、入れ過ぎも気をつけてほしいと思います。


そして問題なのが、空気抵抗を減らすためにトラックの後ろを走る、です。



アホか!と声を大にして言いたいです。


こんなことテレビで言うのはおかしいんです!


確かに、少しは燃費が良くなるとは思いますよ。


ええ、少しは。


その少しの燃費向上の為に、危険度が何百倍と増してしまいます。


恐ろしいことです、高速道路です、本当にアホです。



スポンサードリンク






ちょっと考えただけでも、

車間距離が少ないというだけで危険ですし、
高速道路だとなおさらですし、
トラックのブレーキランプって低い位置にありますから近づきすぎると見えないですし、
荷物が空のトラックのブレーキの性能、結構ありますし、
(荷物満載でもしっかり効く性能があるわけで・・・)
単純に視界が狭まって前方の状況確認ができないですし、
(これが一番でしょう)
乗用車のようにアクセルを緩めたときの車体の浮き沈みが感じられないし、


ま~弊害だらけです。


そもそもですね、空気抵抗を減らすなんてレーサーがサーキットでやることなんですよ。


前の車の後ろにピッタリとつくとですね、空気抵抗が減って加速しやすいのですね。

スリップストリームなどと言われています。

WS000000.JPG

これはある距離にまで近づくと、前の車に吸い寄せられる感じになるんですよ。


ぶつかる直前で交わしていくわけです。


神業的なドライビングテクニックを持ったプロのレーサーがやることです。


閉ざされたサーキットで、テクニックがあるもの同士の信頼関係が成り立った状況で。


プロのレーサーだって一般道では絶対にやりませんよ!


一度、危ないシーンを見たことがあります。


あるレーサーがサーキットのストレートで、このスリップストリームを使って抜きにかかろうとしていました。


スリップストリームというのはすぐに抜けるわけではなく、後ろの車が徐々に近づいていって、ある距離にまで近づくと、ポンっと加速するのですが、


そのタイミングで運悪く前の車がトラブルで、ギヤが抜けて加速が止まったのです。


後ろの車はアクセル全開(たぶん200㌔とか)で近づいているわけです。


その時は後ろの運転手は直前で交わしたのですが、真っ直ぐなストレートでアクセル全開で急ハンドルで緊急回避、車はコースから外れ、何周もスピンしてから、壁に激突しました。


幸い直接壁に激突ではなく、スピンでかなり減速していたので、大事にはいたりませんでした。



前の運転手のテクニックがわからず、
車の性能の差もあり、
高速道路でも事故渋滞がありますし、
動物の侵入だってありまし、
故障で急停止だってあります。



そんな時、ある程度の車間距離があれば冷静に対処も出来るでしょう。

周りの車の状況も確認できます。


先日のテレビで紹介したエコドライブ、本当にアホです。


皆さんは間違っても空気抵抗を減らすために、僅かな燃費の為に危険度が何百倍も増すようなことは止めましょう。


高速道路では十分過ぎる車間距離が必要です。


抜かれたっていいじゃないですか。


自信過剰なアホな車に巻き込まれないことのほうが重要です。


それでは、今日も車間距離を保って安全運転♪


【関連記事】

車間距離の新目安?「三秒ルール」

タイヤの空気圧の入れ過ぎ注意

燃費を良くする最も簡単な方法


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 25

コメント 8

まゆこ。

車、さすがにお詳しいですね!!その番組の情報の危険度、よく解りました(^-^ゞ。テレビが絶対的と思う人 多いですよね、私も大人になるまでそうでした。料理番組でも 「ちょい待ちぃぃ~!!」て思う調理方法をドヤ顔でやってたりして呆れる事あります(笑)。
by まゆこ。 (2014-09-02 11:41) 

美人狩り感謝祭

前の車に接近するのは
危険走行ですね。
特に、トラックですと、視界もままならず
追突の危険はかなり高いのでは
エコもいいけど
安全の方が大事ではないですかね。
そもそもエコに徹すると走りが楽しくなくなります。
ただ、ガソリンも高いので・・・
by 美人狩り感謝祭 (2014-09-02 12:27) 

ippo

>>まゆこさん
料理人の方はそういう視点があるのですね、お手軽料理とかツッコミどころ満載でしょうね(笑)。

>>美人狩り感謝祭さん
確かにガソリンが高いのは痛いですよね・・・でも軽い事故でもウン万円というお金が飛んでいきますから、やはり安全第一で。
たまにR-1飲んでいます、低脂肪タイプを。
by ippo (2014-09-02 14:59) 

サニー

ガソリン高騰ほんときついです。。
by サニー (2014-09-02 19:30) 

たくや

そんな放送するなんて、運転知らない人が作ったような番組ですね!
車だとわかりにくいですが、バイクで車間距離とって走ると、トラックの巻きこみ風が凄いです。
by たくや (2014-09-02 20:19) 

ippo

>>サニーさん
確かに高いですよね、これから冬にかけて灯油代も気になります。

>>たくやさん
そうですよね、バイクは影響が大きいですよね、MotoGP見ているとスリップ合戦になることがありますし。
by ippo (2014-09-03 06:49) 

サニー

最近あまり高速走ってないんで点検しなくちゃいけないですね。
by サニー (2014-09-04 11:59) 

ippo

理想は毎月ですが、せめて3ヶ月に1回は点検してほしいです。
by ippo (2014-09-09 15:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ