So-net無料ブログ作成
検索選択

車を運転するとこに恐怖感があるから怖いのです!疑問を解決すること [テクニック]


先日乗せた、ご婦人に車の運転のポイントを聞かれました。


その方は、雪が怖くて冬は運転をしないのだそうです。


結論から言えば、それでいいと答えました。


冬の運転に恐怖感があって、運転しなくてもいい状況(例えばバスやタクシー)を選べるのなら、それにこしたことはありません。


問題は恐怖があるのに運転をしなけばならない、時です。



スポンサードリンク






人によっては経済的な理由や地理的に、冬でも運転しなければならない状況もありえると思います。


そういう場合、なぜ冬道が怖いのかを理解する必要があります。


簡単にいうとタイヤが「滑る」からですね。


では、どうすればいいのかというと、滑らさなければいいのです。


そのために滑らさないスピードに落とせばいいのですが、それを理解するためには滑らさないとわかりません。


要するに、あえて滑らせてみる、ということです。


安全な場所で、ですよ。


出来れば、誰もいない駐車場などで、あえて乱暴に運転して、滑らせてみればいいんです。


特にブレーキを理解してほしいんです。


一般道でも、後ろに車がいなければ強めに踏んでみて、あえて滑らせてみることによって、どれぐらいで滑るかを理解することが出来ます。


いつ滑るのかわからないから、不安なんです。


それがわかれば、どれぐらい手前でブレーキを踏めばいいかわかるので、余裕をもって対処できるわけです。



普段より手前に止まるつもりでブレーキをかけて、最後はそろそろと近づいて止まればいいのです。



あ、何度もブレーキを滑らせると言っていますが、現代の車のほとんどにABSと呼ばれるブレーキをロックさせない装置がついています、「ガガガガ」と差動して、滑る限界だと知らせてくれます。


それがタイヤの限界、滑る直前ということです。


普段のブレーキはABSが作動するよりずっと手前で余裕を持って踏み始めましょう。


雪道に限らず駐車場が苦手な人も、車が止まっていない広い駐車場で、何度も練習をすれば、余裕がもてるようになりますよ。



スポンサードリンク






車の運転が苦手だという方は、これらの不安、恐怖から目を背けているからなんですね、安全な場所でそれらを理解出来れば、落ち着いて対処が出来るようになります。


苦手な運転、ポイントは人それぞれだと思います、それを何となくにしてしまわないで、きちんと理解しましょう。


特にペーパードライバーなどは、一度おさらいしてみることをおすすめします。



車の安全祈願のお守りより、絶対に安全運転に役立ちますよ。


バックミラーに大きなお守りをぶら下げていると、前方の視界が妨げられます、邪魔にならないところにおきましょう。


それでは、今日も安全運転で♪


【関連記事】

危険予知トレーニングの効果を実感

丁寧なアクセルはブレーキにも関係

車間距離の新基準?「三秒ルール」


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ