So-net無料ブログ作成

タクシー運転手に年齢制限は?高齢ドライバーによる暴走事故が! [経済]


残念な事故が起きてしまいました。


タクシー運転手による、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故です。


あるホテルの正面玄関に停車中、乗り込もうとしたときに、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまい、ホテルの玄関のガラスに突っ込んでしまいました、その時に二人の方がケガをされています。


幸い、命に別条はないそうです。



スポンサードリンク







この手の事故は、頻繁に起きていますよね。


多くは高齢ドライバーによる、ブレーキとアクセルの踏み間違えです。


この事故を起こしてしまったタクシー運転手も高齢の方でした。


タクシー運転手は定年退職してから再雇用という場合も多く、高齢の方が非常に多い職場です。


年齢制限について調べて見ると、色々な解釈があるようでした。


会社側からすると、70歳までとしている場合が多いようです。


個人タクシーの場合は自営業となるので、現在は75歳まで大丈夫なようです。


但し、2002年に審査基準が改正されたそうなのですが、それ以前に個人タクシーになられた方は、当てはまらないのだそうです(問題があると認められる場合には、廃業勧告が出されます)。


たまにテレビで、名物タクシードライバーとして、80代の方が紹介されたりしますよね。



日ごろの不摂生な生活や運動不足などで、若くても判断が鈍かったり、健康上の問題がある場合もあるでしょうから、一概に年齢だけで判断するのは難しいとは思います。


90歳でもピンピンしている方も、確かにいます。


健康状態も申し分なく、判断も適格に出来るのであれば、ドライバーとして問題ないと思います。


ただ、その場合、そのような審査を受けたことを証明するステッカー、証書などを、お客さんからハッキリと見える位置に掲げると安心だと思います。


例えば、70際を過ぎると三ヶ月に一度ぐらいのペースで、そのような審査があってもいいと思います。


60代は半年に一度とか、50代以下は一年に一度など、免許証の更新よりも厳しい審査があってもいいと思います。


一般の普通免許の更新と、タクシーの二種免許の更新は、実はほとんど変わりません。


視力検査が、ちょっとだけ違うだけです。


普通免許は両目で0.7以上、二種免許は0.8以上。


あとは深視力、三桿法(立体感検査)というのがあるぐらいです。

WS000000.JPG

簡単に説明すると、「距離感を瞬時に判断出来るかどうか」の検査です。


これらは、あくまでも視力の衰えを判断する検査ですから、判断能力、運動能力の衰えはあまり関係ありません。



スポンサードリンク






視力、目で危険を発見出来ても、それを判断する脳が遅ければ操作が遅れてしまいます。


脳が的確な判断をしても、そこで運動能力が衰えていれば(ケガなどもそうです)、適格な危険回避の操作が出来ません。


二種免許に限らず、免許証の更新の時には、もう少し他の能力も検査があっていいと思います。


本当は無理して高齢の方が働かなくても、安心して暮らせていける社会が理想なんですけどね。


年金が少なくて・・・など、仕方がなくタクシー運転手をしている方が多いですから。


そのような人たちにむけて、「こうすればいい」なんて意見は、私には全く思い浮かびません。


財産を全て処分し、貯金を使い果たして、生活保護を受給すればいい・・・それって正解なんですかね?難しいものです。


有能な政治家が現れてくれることを願うのしかないのでしょうか。


カリスマ性だけを持った独裁者が現れそうな気もしますが・・・。


高齢のドライバーのみなさん、身体に気をつけて、無理をしないで頑張りましょう!


それでは、今日も健康に安全運転で♪


【関連記事】

ドライバーは膀胱炎になりやすい?

正しいラジオ体操をマスターしよう

眼鏡やサングラスの調整は大重要!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(24)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 24

コメント 4

提灯行列

お疲れ様です。

各々事情はあるかとは思いますが、高齢者の運転には規制が必要だと思います。

私個人の意見ではありますが、個人タクシーの75歳は更に引き下げて70歳にした方が良いと思っています。

タクシーに限らず、これからますます高齢者の事故は増えますね。特に地方では車が無いと生活が出来ない地域が多々ありますので、問題の根は深そうです。
by 提灯行列 (2015-04-12 12:50) 

ippo

お疲れさまです。

おっしゃる通りだと思います、タクシーだけの問題ではないんですよね。
幼稚園バスの運転手も高齢の方が多く、ドキっとさせられたことが何度かあります。

出生率を倍に増やせたところで、その子たちが税金、年金を納めるようになるには20年かかるわけで、その間の教育費の負担増も凄いですし、そもそも出生率を増やすことも難題ですが。

イギリスやフランスのように、「移民を受け入れる」・・・しかないのでしょうかね。
by ippo (2015-04-12 17:46) 

つゆ

幸か不幸かタクシーも自動運転の方向に流れて2020年あたりから色々と変わってくるのではないでしょうか。 

僕が先日岡山県の倉敷駅から乗った法人タクシーの運転手さんは 80歳を超えてると仰られてました(汗) 無事に目的地に着いてホッとしたのを覚えてます。
by つゆ (2016-05-29 00:23) 

DAIBUTU

ご指摘のように75歳以上は三か月に一度の割合で適正検査を受けて適格者証明ステッカーを車輛に張り付けてあると安心です。
 年齢で制限するのでなく個々人の能力を正しく判定して、いつまでも現役でいられることが、引退してゆっくり暮らすよりいいと思います。
by DAIBUTU (2016-06-13 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ