So-net無料ブログ作成

車間距離に「三秒ルール」を!落とした食べ物ではありません [テクニック]


みなさんは車を運転していて、車間距離について意識したことがあるでしょうか。


中には驚くほど車間距離が近い車もいますよね。


「煽られている」ように感じてミラーをチェックすると、品の良さそうなおばあちゃんだったりして、驚くこともあります。


その車間距離の目安として目視ではなく「3秒で判断しましょう」という「3秒ルール」なるものが紹介されていました。



スポンサードリンク






確かに目視による車間距離の判断は、人それぞれ間隔が違いますし、道路や歩道の幅によっても体感速度が違うものなので、感覚というのはあまりあてになりません。


高速道路から一般道に降りると、感覚が鈍ってスピードオーバーになりやすいことを考えても、人間の感覚は狂いやすいのだと思います。


3秒を提唱している松永勝也教授によると、

「危ない」と気付くまでに約1.5秒、ブレーキを踏んで停車するまでを約1.3秒と想定し、誤差も考慮し3秒分、前の車両との距離をとる


というものでした。


危ないと感じて気づくまでというのは、遅い人でも1,5秒以内ということらしいです。


一般道の最高速度の60キロで走行している場合、1秒間で約16,6メートル進むので、3秒だと約50メートルの車間距離を取りましょうということになります。


50メートルと考えると中々の距離ですよね、一般道だと相当離れているように感じます。


カローラの全長は約4、4メートルです、渋滞時であれば前後の車間距離を2メートルずつ空けたとしても、7~8台分のスペースが空くことになります。


おそらく50メートルも前方の車と空けてしまうと、交通量の多い道路であればガンガン抜かれていくことになります、お客さんを乗せているタクシーの場合は、わざとゆっくりと走っていると勘違いされてしまうかも知れません。


高速道路は100メートルの車間距離をとるのがいいと言われているのですが、時速100キロで走っている場合、3秒で約83メートルとなるので、「3秒ルール」が当てはまっているようにも感じます。


高速道路であれば車間距離を測る目安がありますが、一般道ではそういう目安がないので、「3秒」という判断基準を持ちましょう、ということですね。


WS000000.JPG


50メートルという感覚も、人によっては全然違うでしょうから、一つの目安として浸透するのはいいと思います。



スポンサードリンク






雨の日はブレーキの制動距離が伸びるので「4秒」、雪道は「5秒」、凍結路面は「6秒」などでプラスして判断するのもいいのかも知れません。


雪道の制動距離はタイヤの性能の差によって、もの凄く違いがあるので何とも言えませんが。


道路の込み具合や流れているスピードにもよるのですが、速度が上がれば上がるほど「3秒ルール」は必要だと思います。


みなさんも車間距離を判断する基準の一つとして、是非数えてみてください。


ちなみに道路の白線の距離をご存知でしょうか。


一般道であれば、白線の始まりと次の白線までの距離が10メートルになっています。


WS000001.JPG


高速道路だと倍の20メートルです。


WS000002.JPG


白線の数を一瞬で数えて判断するのは難しいですけどね、停車している時にでも50メートルを判断する目安にしてみてください。


それでは、今日も十分な車間距離で安全運転で♪


【関連記事】

雨の日ならではの運転リスク!

エコドライブ?危険な運転はダメ!

危険予知トレーニングの効果が!

雪道を運転しないという立派な選択肢


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

タクシードライバー応援ブログ