So-net無料ブログ作成
検索選択

消費税増税前の駆け込み購入?メガネ買っちゃいました。 [視力]


もうすぐ消費税増税ですね、8%になるということで、タクシー料金も値上がりします。


地域によって違うと思うのですが、初乗りが20円ぐらい増える地域が多いみたいですね。


その後の料金の増加も、今までより少し早く上がることになります。


例えば300メートルでワンメーター上がっていた地域ですと、296メートルでワンメーター上がる、ようなイメージです。


この距離も地域によって異なります。



スポンサードリンク






もちろん、それで運転手の売上げが増えるわけではありません。


むしろ、客離れが叫ばれていますね。


消費税増税を前に、買いだめのようなことをみなさんはしましたか?


テレビのニュースでは、駆け込みで中古の自動車を購入したり(新車だと間に合わない)、高級時計が売れたり、と景気のいい話もあるようですね。


私は日頃、買いだめをしないタイプなので、日用品などの買いだめはしていません。


断捨離系の本や掃除の本を読んでいるので、なるべく少ないモノで生活するように心がけています。


収納スペースを埋めない、がコツですかね。


常に本棚も押入れもスペースを3分の1ぐらい開けておくことです。


スペースがあっても、何か買うと古いのを捨てていきます。


収納スペースを埋めるクセがあると、モノが増え続けてしまうのだそうです。


そんな性格なんですが、昨日、メガネを新調しました。


まだ手元にはないのですが、メガネ屋さんの進化には驚きました。


とても感じのいい方が接客してくれまして、気持よくメガネ選びが出来ました。



仕事用のメガネをつくろうと思い、軽めで疲れないのをお願いしたところ、いくつか選んでもらってその中でも一押しのメガネを最初にかけてみたのですが、「そうでもないかな~」と、思っていました。


しかし、それから色々なメガネを試しまして、今、自分がしているメガネにもその都度戻しまして、どれを選ぶか悩んでいるときに、最初に勧められたメガネをかけてみると驚きでした。


うわ、全然違う!!


と。



フィット感がずば抜けて凄く、顔を激しく振っても全然動きませんでした。


短時間に色々なメガネを試したおかげで、自分なりの判断基準が出来たのだと思います。


その後、使い慣れているはずの自分のメガネに違和感を感じるぐらいになりました。


メガネ屋さん一押しだけあって、色々な技術が埋め込まれているらしく、本当に抜群のフィット感でした。



スポンサードリンク






手で持つと、特別軽い訳ではないんです。


他にもっと軽いのたくさん試しましたから。


それなのに、重さを感じませんでした。


それにまだ自分の顔に合わせて調整していないのに、鼻パッドのところが、全然あっていないのに、フィットしているのです。


厳密にはフィットしていないのに、掛け心地が抜群だったんですかね。


とにかく衝撃でして、予算オーバーしていたのですが、それしか考えられなくなりました。


流石は一押しメガネなだけありました。


「餅は餅屋」です。


メガネはメガネ屋でした。


その後の視力測定も、数年前に体験したときよりも機械が新しくなっており、今までよりもさらに細かいところまで測定してくれました。



利き目まで調べて、その左右の差の割合まで調べて調整する、とのことでした。


レンズの種類も豊富で、値段が8種類ぐらいあり、


歪みが少ないのが高く(歪みの範囲ですかね)、厚さも、薄い方から高い、と。


それぞれ4段階あり、それで8種類ありました。


その説明も細かく教えてくれまして、ほどほどな、無理に高いのも進めて来るわけでもなく、運転に適した、ほどほどに歪みの少ないレンズに落ち着きました。


レンズの色も豊富でして、12種類ありました。


確か、青、茶、グレー、黄色で4種類、それぞれ3段階の濃さが選べました。


それに関しては別料金だったので、遠慮しましたけど。


真っ黒なサングラスをしているタクシードライバーを見かけることがありますが、人によっては、ちょっと恐くなる方もいますから、こういった色付きレンズぐらいにしておくのが、いいかも知れませんね。


レンズはさらにブルーライトをカットするPC用なんてのもありました。


これも別料金で追加できるようでした。


メガネもどんどん進化しているものです。


メガネのデザインはここ数年でどんどん目新しいのが出てきていますね。


「仕事ではかけられないなぁ~」という思い切ったデザインのメガネがとても増えていました。


数年前にメガネを作った時は、こんなにはなかったです。


パッと見で「これいいな」と、思い手にとっても、フレームの裏側が凄い柄だったりして、遠慮したのが多かったです。


趣味でメガネを選ぶ方なんかには、楽しい時代になっているのでしょうね。


仕事用ではないメガネをつくるときは、思い切ったのにしてみようかな~などど思いました。


しばらくメガネを替えていない方は、一度メガネ屋さんを覗いて見ると、色々な発見があるかも知れませんよ。


メガネをかけているドライバーさんにとって、メガネの出来はとても大事です。

疲れ方が全然違ってきますから。


技術力のある、確かなメガネ屋さんで、「確かなメガネをつくってもらいましょう。


それでは、快適なメガネで、今日も安全運転で♪


【関連記事】

運転手の眼鏡の調整はかなり重要!

タクシー運転手は白内障が多い?

スリープバスターが素晴らしい!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(86)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ルームミラー(インナーミラー)の調整について、案外知らない情報かも!? [視力]


先日、同僚の運転手とルームミラー(車の説明書ではインナーミラーとありました)の調整について、議論になりました。


最近の新しいクルマですと、昔ながらのバチンって切り替えがついていませんが、タクシー専用車両のトヨタ、コンフォートでは、設計が古いのでバチンのルームミラーが健在なんです。




スポンサードリンク






ルームミラーのバチンって切り替えスイッチは、奥と手前で切り替えるのですが、平常時はどちらが正解なのか、ということで議論しました。


私は手前が正解と思っていて、後続車のヘッドライトが眩しいときは奥へバチンってするものだと思っていたんですよ。


しかし同僚の運転手は、逆だと主張するわけです。


奥が普通で、まぶしい時は手前に引く、と。


まぁ、どっちでもいいんですけどね、長年慣れた手前の時のほうが、ミラーの角度がしっくりくるというか、落ち着くんですよ。


人それぞれでいいんですけど、一応正解があるのか調べて見ました。


ルームミラーの正解はこちら!


ルームミラー.gif


私が間違っていました(苦笑)。


それでもルームミラーを手前に合わせて運転していますけどね。


微妙な角度の違いなんですが、奥だとちょっと違和感あるんですよ。


正直、ルームミラーの調整についてどちらでもいいとは思いますが、一応正解は奥、でした。


そもそも調べていて「インナーミラー」と呼ぶことにもびっくりしました。


当たり前のようにルームミラーやバックミラーと言っていました、知っているようで知らないことがたくさんあるものです。


あと、何故かベテランドライバーさんだったり、一般のドライバーさんでもあるのですが、インナーミラーを斜め(右下がり)にしている方がいますね。


あれは何なんでしょうか?


お客さんの顔が見えないような配慮なのかな?とも思いますが、それだと左後方の死角が増えてしまい、とても危険なように感じます。


そういったドライバーが目視による巻き込み確認をしているとも思えないですし・・・。


きちんとインナーミラー合わせていても、後方確認は一瞬ですみますし、お客さんと目が合うなんてことありますかね~、私はほぼ経験ないです。


インナーミラーに関しては、後付で大きなミラーをつけている方も多いですね。


(最近のは眩しくない機能とか進化しているようです)


たまに担当車以外のタクシーに乗ったとき、このようなミラーが付いていると、光の屈折率の違いで、やはり慣れないせいか、後続車が近くに見えて距離感がつかめないことがあるので、その時は外してしまいます。


それにインナーミラーとフェンダーミラー(サイドミラー)と見え方が違うと、そこでも距離感に違和感が出てしまいます。



スポンサードリンク






これも慣れですかね、別にそういったミラーをつけるのが悪いとは思いません。


ただ信号待ちなので、後続車のドライバーさんの表情まで見えすぎてしまって、あくびや油断しきっている姿が見えてしまうことがあります。


油断して鼻をほじっている美しい女性を見たときは衝撃でした(笑)。


私も気をつけようと思いました、みなさんも車内での行動は気をつけてください。


車のミラーの角度の調整について、解説しているサイトがありました。


>>正しいミラーの調整法


保険会社のサイトなんですが、事故を一件でも減らすことが支払う保険料の削減に繋がるでしょうから、凄くわかりやすい適切な解説がなされています。


ミラーの調整の前に、運転姿勢をしっかと決めるのも大切ですね。


そのポジションでミラーを合わせるわけですから。


とくにタクシーのように、色々な方が乗る可能性がある車では、きちんと運転姿勢を合わせ直す必要があります。


シートの高さやハンドルの角度(車種によります)など、適切に合わせて運転しましょう。


安全運転のために、とても大切なことです。


一般の方も、一度きちんと運転姿勢を見直すことをおすすめします。


なんとなく、最初に決めたままという方もいますからね。

運転姿勢.gif

しかしルームミラー、バックミラー、インナーミラーと、色々な呼び名があるものです。


英語圏では「インナー リア ビュー ミラー」と言うのだそうです。


ドアミラーやフェンダーミラーは、「アウター リア ビュー ミラー」


まぁ、サイドミラーでも通じるそうですが。


たまに外国の方を乗せますが、そんな会話になるわけもないので、何でもいいんですけどね。


それでは、きちんとミラーの調整をして安全運転で♪


【関連記事】

正しい運転姿勢で腰痛対策!

ドライバーの眼鏡は最重要アイテム

サイドミラーの水垢除去の裏ワザ?


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

車内の紫外線対策 UVカットガラスでも日焼けってしますよね [視力]


一般的に冬は紫外線が少ないと言われていますが、雪国のドライバーさんは要注意ですよ。


冬場の紫外線の量は夏場より全然少ないのですが、雪の反射で二倍近く日差しを浴びてしまうと言われています。


年間のデータでは5月から9月頃まで紫外線の量は多く、特に6月7月8月は要注意とされていますが、冬は太陽も低いので、目に直接太陽光線が入ってきやすくもあります。


なので、冬場は運転手の目にやさしい季節ということではありません、日照時間は短いですけどね。



スポンサードリンク






以前にもいいましたが、サングラスを間違えると大変危ないです。


古いサングラスは論外です、必ずUVカットされているものを選びましょう。


視界が暗くなると瞳孔が開くので、眼球により紫外線を浴びることになります。


昔のただ黒いだけのサングラスはかけていない状態よりも、目にとってずっと条件が悪いのです。


おすすめのサングラスは、あまり色の濃くないレンズがいいです、無駄に瞳孔を開かなくなります。


色が薄いサングラスだと、お客さんの印象にも怖い印象を与えずに済みますしね。


真っ黒のサングラスだと、運転手の雰囲気によっては、お客さんとても悪影響を与える可能性があります。



さらに予算に余裕があるのなら、サングラスのレンズも薄くて軽いモノがオススメです、長時間かけることを考えると負担が全然違ってきます。


薄いレンズ・・・高いですけどね。


タクシーはあくまで客商売ですから、見た目も重要です。


例えば、長距離トラックドライバーさんなどは、好きな形のモノでいいと思います。


配達業の方は、接客の時はサングラスを外した方が無難でしょう。



スポンサードリンク






サングラスに限らず普通の眼鏡もそうですが、眼鏡屋さんできちんと調整してもらってください。


眼鏡の鼻パッドの角度や耳の上のかかり具合で、着け心地が全然違いますから。



そこの調整が適当な眼鏡屋さんはダメなところですから、しつこいぐらいの所が良い眼鏡屋さんです。


接客業の方、トラックの方、オートバイの方、それぞれ適したものがあると思います。


メガネは軽さも重要なんですが、調整の技術、鼻パッドの豊富さ、フィット感、この辺を見極めると、長時間の運転でも疲れにくくなりますよ。



お仕事にあった形のメガネをきちんとした眼鏡屋さんで選んでくださいね。



視力の調整だけじゃなく、あなたの顔の形にフィットしていないメガネは、無駄に疲れますから、気をつけてください。


それでは、今日も綺麗な視界で安全運転で♪


【関連記事】

運転手は眼鏡選びを慎重に!

恐い印象の人は洋服を気をつけて

大雪、雪道運転のテクニック


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

車の重量バランスが崩れるとヘッドライトの高さなどに影響が出ます [視力]


先日、タクシーで飲食店街を流していましてら、対向車のタクシーのライトが眩しくて眩しくて、しかも渋滞でしばらくその状態が続き、かなり目が辛かったことがあります。


ヘッドライトが眩しい原因はライトの調整不足がほとんどで、自社整備で適当な整備をしているタクシー会社の車両は、光軸がずれている場合があります。


タクシーの場合は走行距離もかなり酷使されているので、サスペンション関係、バネ、ダンバー、ブッシュ等のへたりがあり、新車の頃のようにビシっとは調整できない場合もあります。


というかは、調整してもすぐにズレやすいのかも知れません。



スポンサードリンク






そのほかの原因としては、後部座席に太めのお客さんを二人、三人と乗せると、明らかにライトが上向きます。

タクシー専用車両のコンフォートでも、数年前のモデルから手元でライトの高さを調整出来るようになりました。

あれは、日ごろはライトを高めに設定するのが正しいのですが、後部座席やトランクなどが重たくなって、後ろが沈んだ時にライトが上向くので、その時だけ一時的に下を向けるための機能なんです。


少し前の話、新人の頃の話です。


流していて、手が上がりまして、その方は二人組の女性でした。


まぁ、その、、、ふくよかな方でして、その~お二人とも通称、いわいる、まぁ、デブでございました(笑)。


お客様の立っていた歩道にきっちり寄せて、お客様を乗せました。


そして、ドアを閉めようとレバーに手をかけたら動かないんです!!




「ん!?あれ、なんで・・・」



しばらく意味がわからず、お客様にことわって外に出てドアを確認してみると、


歩道のブロックに、ドアが引っかかっているんです。


ドアを開けたときは後部座席のドアの下は引っかからなかったのですが、ふくよかなお二人がご乗車されたことによって、タクシーのリア側が沈み込み、歩道のブロックの上にドアがのってしまっていました。


お客様に事情を説明して、一度降りてもらって、車をずらして乗り直してもらったのですが、お客様はもう明らからに不機嫌になられまして、


「私らそんなに重いってかい!」

「失礼な話ね!」


等、さんざんグチを言われました。


原因がはっきりしているだけに、ごまかしようもないと感じた私は、


「すいません・・・」


だけを小声で何度もつぶやきました。


それ以来、そんなことは一度もないですが、デブ(あ、言っちゃった笑)が手をあげたら歩道から余裕をもって止めるようになりました。


新人ドライバーの方は、デブを見かけたら注意してください(苦笑)。



スポンサードリンク






似たような話に、昔に見たテレビの記憶なんですが、100キロを超えているであろう巨漢の人が運転する車は、運転席側のタイヤの減りが、他の三か所のタイヤよりも断然早くなる、と紹介していました。


重量バランスが崩れるのでしょうね。


安全のためには、乗員の位置もバランスが良いほうがいいです。



タクシーの場合は、お客さんに席順を指定するわけにはいきませんが、自家用車などで後部座席に乗せるときは、右側だけに偏らないようにしましょう。


スポーツカーなどは限界まで性能を高めるために軽量化を頑張るのですが、どうしても外せない部品やパーツの場合は、設置する場所をずらすことがあります。


総重量は変わらなくても、車のタイヤにかかる重さのバランスを考えてのことです。


一般車はそこまで考えなくてもいいのですが、トランクに無駄な荷物を入れっぱなしにしていると、長い目でみると、燃費だけではなく、タイヤの減り具合まで影響してきますよ。


ゴルフバックを入れっぱなしにしている方は、気を付けてくださいね。


それでは、今日も安全運転で♪


【関連記事】

デイライトのメリット、デメリット

車の軽量化は燃費に直結します!

タイヤの空気を入れ過ぎるリスクも


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タクシー運転手は目に負担がかかる?白内障の手術をした人が多し [視力]


今年は同僚のタクシー運転手の二人が、白内障の手術を受けました。


白内障とは、


「水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる」


白内障という病気は、進行がゆっくりで本人は中々気がつけないことが多いみたいですね。



スポンサードリンク






手術をした運転手仲間が、

「こんなに世の中、明るかったのか!!」

「ものすごくよく見える、お前髪薄いんだな~」

など、見えなくてもいいものまで、見えるようになったようでした(苦笑)

白内障の手術はとても簡単なものらしく、片目で15分程度とのこと。

一週間空けて、もう片方の目を手術とのことでした。

病院に入院の必要もないらしく、眼帯だけで一日を過ごし、次の日には眼帯を外していたそうです。


その間、視力が落ち着くまでは、運転手の仕事は休まなければいけないでしょうが、二人とも白内障の手術をして良かったとのことでした。



スポンサードリンク






タクシー運転手はどうしても目を酷使しますからね、夕日や朝日を浴びなければならないことも、しばしばあります。


目の疲れやかすみ、年齢などを考慮して、自覚症状があるのであれば、白内障の手術を考えてみるのもいいかもしれませんね。


目のいい人に限って眼科に行くことがないみたいなので(二人とも眼鏡なし)、なんとなくでも視界がぼやけたり、白っぽく感じられたら、一度眼科でチェックしてみることをおすすめします。


そして、時間帯によってはサングラスなどを上手に使いたいものです。


接客業ですから、あまり怖い印象にならないサングラスのデザインがおすすめですよ。


それでは、今日も綺麗な視界で安全運転で♪


【関連記事】

運転手の眼鏡、サングラスの重要性

ルームミラーの正しい調整方法!

消費税増税前に眼鏡を購入しました


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
タクシードライバー応援ブログ