So-net無料ブログ作成
テクニック ブログトップ
前の5件 | -

車の運転技術が上達する方法、の前に知っておくこと [テクニック]


先日乗せたご婦人に、車の運転の上達方法について聞かれました。


正直、返答に困ってしまいました。


車の運転が上手と感じるのは、人によって様々だと思います。


タクシーの場合はスムーズな運転がいいと思っているのですが、自分で車の運転をするお客さんからすると、



「わざとゆっくり走っていないか?」



と指摘されてしまうこともあります。


交通の流れを読んで、無駄なアクセルを踏むことなくスムーズに減速した場合でも、急いでいるお客さんにとっては、もどかしいと感じることがあります。


いくら急いでいるからといっても、無謀な運転をするわけにも行かないので、あえて少しだけ急発進をしたり、ブレーキを遅らせたりして、運転を荒くして急いでいる雰囲気を演出することもあります。


これはタクシーならではのテクニックなので、一般の方の運転には必要ないことですね。


車の運転が苦手な方には共通点があります、それは「運転に対する恐怖感がある」ということです。



スポンサードリンク






こうすれば運転技術が劇的に向上しますよ、なんてアドバイスの前に理解してほしいことがあります。


運転技術云々の前に、運転に対する恐怖感を取り除くことの方がずっと大切です。

不安や恐怖をかかえたまま、落ち着いた運転など出来るわけがありません。


そこで今回は、車の運転が苦手だと感じている方の多くが、恐怖を感じるポイントについて紹介します。


まずはシートポジションの悪さです。

WS000000.JPG

参照:泉水カイロプラクティック院


女性に多いのがシートが前過ぎて、ハンドルを抱きかかえるように運転をしています、これだとハンドルを回すのに何度も切り返さないといけません、とっさの判断も遅れます。


逆に車の運転に慣れている男性に多いのが、シートが後ろ過ぎて、ハンドルにぶら下がっているような運転姿勢があげられます。


こちらもハンドルを切るたびに身体を起き上がらせる必要があり、とっさの判断が出来ません、さらに身体の向きも傾いていることが多いので、視界も狭まり、シートベルトが首に食い込みやすくなるので、シートベルトを外したり固定していることがあります。


きちんとシートポジションやシートベルトの高さを合わせていれば、よほど身長が高かったり、太っていなければ、首に食い込むことはありません。


>>シートベルトの高さ調整


シートベルトが煩わしいと感じている方は、今一度シートポジションを見直してください。

WS000001.JPG

参照:泉水カイロプラクティック院


シートポジションを見直すだけで、ハンドル操作や視界が確保され、各段に運転がしやすくなります。

シートポジションが間違っているというのは、例えばテレビの企画などで料理の初心者のギャルに街角で料理をさせるようなことです。


厚底サンダルで髪もまとめずに、付け爪のまま包丁を持つので、とんでもなく恐ろしく見えますよね。


車の運転も同じようなことなんです、運転をする以前の問題があるので、不安や恐怖を感じてしまいます。


おそらく料理初心者のギャルだって付け爪を外して、足元が安定して、髪をまとめれば、もっとましな包丁さばきが出来ます、そもそも料理をするのに適していないだけです。


車の運転も同じようなことです、ハイヒールを履いていたり、スマホ片手に運転をしたり、大音量で音楽をかけながら運転をするというのは、髪も結ばず厚底サンダルで付け爪で料理をするようなことなのです。



スポンサードリンク






車の運転が苦手な人の特徴はシートポジションだけではありません。


他にもインナーミラーやサイドミラーの位置を、適切な角度に調整していません。

ちょっとしたメンテナンス、ワイパーのビビりや窓ガラスの油膜も綺麗に落とせていません。

そのような積み重ねが、運転に対する不安や恐怖を持たせることになります。

困り顔の女性


料理に慣れていない人は、手を洗うことを忘れたり、お皿を準備することを忘れたりします、フライ返しが見つからなくて焦がしたりするのです。


車の運転も交通ルールが曖昧だったりの不安材料があると、判断が遅れてしまいます。


料理を焦がす(車を擦る)ぐらいならいいですが、最悪は火事(大事故)になることだってあります。


その恐怖を感じているから、運転が怖いと判断しているわけです。


それ自体は悪いことではありません、脳があなたを守るために運転から遠ざけているのです。


むしろ不安材料をそのままに、運転をすることのほうが、よっぽど危険な行為になります。


なので、車の運転を上達させたいのであれば、基本に立ち返ることです。


サーキットでコンマ1秒を争う運転テクニックが必要なわけではありません、必要なのは落ち着いた運転をすることです。


そのための行動を見直しましょう。


料理が上達したいのであれば、料理本を読む、手を洗う、髪をまとめる、爪を切る、キッチン周りを綺麗にする、お皿を準備しておく、などが大切ですよね。


車の運転も上達したいのであれば、交通ルールで不安な箇所を確認しておき、適切な靴や格好、簡単な車のメンテナンスを学び、シートポジションを合わせて、落ち着いて運転をすることです。


細かい運転技術はそれからです、料理の初心者に隠し包丁を教えても意味がないですからね、基本的な動作が身について、一連の流れに慣れてきてから、細かいテクニックについて学べばいいと思います。


寝そべった格好で片手でハンドルをぐるぐる回す人に、減速による過重移動に合わせたスムーズなステアリング操作を説明しても、全く意味がありません。


教習所で教わった運転を悪くいう人がいるのですが、全然悪くありません、基本に忠実で多くの人がスムーズに安全運転が出来るようにプログラムされています。


料理本や料理教室で教わった包丁さばきも、もちろん悪くありません、プロの料理人は猫手はしないかも知れませんが、初心者向けとしては安全も考慮された素晴らしい方法です。

WS000000.JPG


多くの人は慣れてくると自分なりの形になっていくのですが、初心者のうちからその形を真似ると危険です。


ペーパードライバー向けの教習を受け付けている所もあるので、運転に不安を感じる方は基本に立ち戻ることも大切です。


少々厳しい意見になってしまいましたが、車の運転に不安や恐怖を感じるというのは、正しいことです。


運転に慣れている人でも、せまい路地でスピードが出せないものです、脳が過去の経験や急ブレーキの距離を無意識に計算して、危ないと感じさせて制御してくれるのです。



「車の運転が怖い」



と感じている人の気持ちを、私は尊重します。


そのまま無理に運転をしないでください、不安を感じたまま車の運転に慣れることのほうが、よっぽど危険です。


どうしても運転をしなければならない状況なのであれば、基本動作に立ち返ってください、そのようが運転初心者向けの本も売っていますし、教習所に通い直すのもいいと思います。





むしろ、適当な間違った運転に慣れてしまっている人の意見に、そそのかされるほうが危険です。


「大丈夫、大丈夫、車の運転なんて、すぐ慣れるよ」


そんな意見にまどわされて、恐怖をごまかして間違った運転に慣れないことを願っています。


私は「運転をするな」と言っているわけではありませんよ。


きちんとレシピを確認して、手を洗って、動きやすい格好をして、エプロンをして、髪をまとめて、これから使う鍋やフライパン、お皿などを確認して、それから料理をしてください、と言っているだけです。


料理に慣れている主婦は、それらを一連の流れで一瞬で出来るようになります。


車の運転も正しく慣れることが出来れば、難しくはありません。


車の事故はどんなに気をつけていても遭遇することがありますが、料理もどんなに気をつけていても食中毒に当たることがあります。


ですが、きちんと手を洗わなかったり、食器やまな板の洗い方が適当だったりすると、食虫毒になる可能性がグッと上がりますよね。


車も同じです。


運転に適当に慣れてしまうと、だらしない運転姿勢で危険回避が遅れたり、ガラスが汚れて視界が悪くなったり、タイヤの空気圧不足でハンドルが取られたりするのです。


完全に事故や食中毒を防ぐことは出来ませんが、減らす努力は出来るということです。


車の運転が上達したいと考えている方の参考になれば幸いです。


長くなりましたね、読んでくれた方、本当にありがとうございます。


それでは、今日も安全運転で♪


【関連記事】

洗車の道具はケチると手間が増えます

ハイヒールで車を運転して事故!

高級な爪切りのすすめ、進化が凄いぞ


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg



nice!(34)  コメント(3) 
共通テーマ:仕事

車間距離に「三秒ルール」を!落とした食べ物ではありません [テクニック]


みなさんは車を運転していて、車間距離について意識したことがあるでしょうか。


中には驚くほど車間距離が近い車もいますよね。


「煽られている」ように感じてミラーをチェックすると、品の良さそうなおばあちゃんだったりして、驚くこともあります。


その車間距離の目安として目視ではなく「3秒で判断しましょう」という「3秒ルール」なるものが紹介されていました。



スポンサードリンク






確かに目視による車間距離の判断は、人それぞれ間隔が違いますし、道路や歩道の幅によっても体感速度が違うものなので、感覚というのはあまりあてになりません。


高速道路から一般道に降りると、感覚が鈍ってスピードオーバーになりやすいことを考えても、人間の感覚は狂いやすいのだと思います。


3秒を提唱している松永勝也教授によると、

「危ない」と気付くまでに約1.5秒、ブレーキを踏んで停車するまでを約1.3秒と想定し、誤差も考慮し3秒分、前の車両との距離をとる


というものでした。


危ないと感じて気づくまでというのは、遅い人でも1,5秒以内ということらしいです。


一般道の最高速度の60キロで走行している場合、1秒間で約16,6メートル進むので、3秒だと約50メートルの車間距離を取りましょうということになります。


50メートルと考えると中々の距離ですよね、一般道だと相当離れているように感じます。


カローラの全長は約4、4メートルです、渋滞時であれば前後の車間距離を2メートルずつ空けたとしても、7~8台分のスペースが空くことになります。


おそらく50メートルも前方の車と空けてしまうと、交通量の多い道路であればガンガン抜かれていくことになります、お客さんを乗せているタクシーの場合は、わざとゆっくりと走っていると勘違いされてしまうかも知れません。


高速道路は100メートルの車間距離をとるのがいいと言われているのですが、時速100キロで走っている場合、3秒で約83メートルとなるので、「3秒ルール」が当てはまっているようにも感じます。


高速道路であれば車間距離を測る目安がありますが、一般道ではそういう目安がないので、「3秒」という判断基準を持ちましょう、ということですね。


WS000000.JPG


50メートルという感覚も、人によっては全然違うでしょうから、一つの目安として浸透するのはいいと思います。



スポンサードリンク






雨の日はブレーキの制動距離が伸びるので「4秒」、雪道は「5秒」、凍結路面は「6秒」などでプラスして判断するのもいいのかも知れません。


雪道の制動距離はタイヤの性能の差によって、もの凄く違いがあるので何とも言えませんが。


道路の込み具合や流れているスピードにもよるのですが、速度が上がれば上がるほど「3秒ルール」は必要だと思います。


みなさんも車間距離を判断する基準の一つとして、是非数えてみてください。


ちなみに道路の白線の距離をご存知でしょうか。


一般道であれば、白線の始まりと次の白線までの距離が10メートルになっています。


WS000001.JPG


高速道路だと倍の20メートルです。


WS000002.JPG


白線の数を一瞬で数えて判断するのは難しいですけどね、停車している時にでも50メートルを判断する目安にしてみてください。


それでは、今日も十分な車間距離で安全運転で♪


【関連記事】

雨の日ならではの運転リスク!

エコドライブ?危険な運転はダメ!

危険予知トレーニングの効果が!

雪道を運転しないという立派な選択肢


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新人ドライバーへ、タクシーの売り上げアップテクニックを紹介 [テクニック]


先日放送された「ガイアの夜明け」という経済関連のテレビ番組で、東京のタクシー事情について放送されていました。


その中で気になったのが、あるタクシー会社の凄腕ベテランタクシードライバーさんによる、新人ドライバーへ向けてアドバイス!


「飲食店街を流すときは窓を開けろ」


というものでした。


タクシー 流し テクニック


窓を開けて、歩行者の声に耳を傾けるということですね。


「俺そろそろ帰るわ」


「お前んちって○○方面?」


などの会話をよくしているので、そのような人に注意を向けるというテクニックです。



スポンサードリンク






私の場合は、そこからお客さんの目を見るようにしています、目が会った瞬間に手を上げてもらうことが凄く多いんですよ。


窓を開けるのは多くのドライバーがやっていることなので、有名なテクニックなんですが、そのことに気づいたのは、タクシードライバーになって半年を過ぎてからでした。


私の住んでいるのは北海道です、真冬でも窓を開けて流している先輩を不思議に思って話を聞いてみると、同じテクニックを教えてくれました。


こういう情報は新人ドライバーさんこそ早く知りたいですよね、そこで私なりの情報を紹介します。


タクシードライバーというのは、現場に出てしまえば孤独な存在なので、同僚との人付き合いの薄い人は、このような細かいテクニックを知らない人も結構います、私も「もっと早く知りたかった~」と思ったものです。


一般道を流すときでも、大きなトラックやバスの真後ろは、前方の視界が狭まってお客さんの発見が遅れるのですが、あまり気にしていないドライバーを、しばしば見かけることがあります。


他にも地域ならではの細かい情報や時間帯による変化など、細かなテクニックがたくさんあると思います。


凄腕のドライバーは、そのような情報を熟知しているものです。


なので、新人ドライバーが売り上げをアップさせる一番のテクニックは、凄腕ドライバーに気に入られることなんですよ。


会社の飲み会や仕事終わりの時間を合わせるなどをして、積極的に近づいて仲良くなってしまいましょう。


WS000000.JPG


いきなりテクニックだけを聞こうとしてもダメですよ、仲良くなれば向こうから教えてくれるようになりますから。


これがタクシーの売り上げアップのテクニックなんです。



スポンサードリンク






自分の力だけで売り上げアップテクニックを見つけられればいいですが、そう簡単に上手くいくものではありません。


ある程度、色々な方から情報を得られれば、それを元に自分なりに組み合わせを変えたり、応用することが出来ると思います。


そのためにも新人ドライバーは、王道のパターンを知ることが先決です。


型のない人間に型破りなことは出来ませんから。


時間帯や曜日、祝日、季節、天候などによっても変わってきます。


それらの違いを自分の経験をもとに判断するのには、10年以上かかるのではないでしょうか。


知っている人に聴いたほうが、ずっと早いですよ!


あ、もし先輩ドライバーに情報を聴けたら、上手くいってもいかなくても、後日にコーヒーでも買ってお礼に言ってくださいね。

出来ればその先輩が一人の時が理想です、大抵はそこでまた情報を教えてもらえますから(笑)。


WS000000.JPG


私の若い頃であれば、こういう話が大嫌いで、


「ズルい!汚い!」
「男らしくない!」
「そこまでして売り上げを上げたくない!」


など思っていたことでしょう、若さとはそういうものだと思います。


それはそれで否定しませんけど、今はこういう情報も立派なテクニックだと感じています。


「ガイアの夜明け」の中で、ある大手タクシー会社の社長さんが、


「タクシーでやれることは全部やる!」


と言っていたのが印象的でした、カッコいいなと。


その社長が就任して間もない頃に、別番組の「カンブリア宮殿」で特集を組まれていたのですが、その時よりもずっと目力が増していたように感じました。


まるで戦国武将のような、覚悟や信念を持った目に感じました。


戦国武将に会ったことないですけどね・・・。


変化を恐れて朽ちていくよりは、もがきながらも攻めていく姿勢をカッコいいな、と思えるようになった自分の変化も悪くないなと感じています。


相変わらずタクシー業界は厳しいですが、何とか踏ん張って頑張りましょう!


私から新人ドライバーさんへのアドバイスは、具体的なテクニックはそれぞれの地域で違うので、何とも言えませんが、健康には十分に気をつけてください。



腰痛や肩こりに悩まされる方も多いです、運転姿勢が崩れていないか見直してください。

左側へ身体をひねる動作が多いので、反対側へのストレッチを意識してください。

なるべくエアコンの風を直接受けないように、工夫してください。

メガネの方は慎重に選んでください、疲れ方が全然違ってきます。

重たい腕時計も疲労の原因になります、なるべくなら軽いものを。

車を綺麗に使ってください、汚い車は売り上げが悪く事故も多いです。



すべて過去に細かく触れている内容なので、新人さんの現状にどれか当てはまるものがあれば、昔の記事をチェックしてみてください、より具体的な方法を紹介しています。


新人タクシードライバーさんの未来が明るいことを願っています!


それでは、今日も明るく安全運転で♪


【関連記事】

眼鏡、サングラスの重要性!

タクシーを綺麗にすると売上がUP?

腰痛のドライバーは運転姿勢を改めて!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

危険な運転、車を見分ける方法!最近はセダンが恐いです [テクニック]


先日、お客さんを乗車中に、目の前でウィンカーを出さない車に、急に割り込まれました。

私は何となくその車の動きが予測出来ていたので、なんとかぶつからずに済んだのですが、その時の乗っていたお客さんが怒ってしまい、


「前の車の横につけろ!」


と、わめき散らし、しばらくなだめることになりました。



スポンサードリンク






長年、運転手をやっていますと、おかしな運転をしそうな車って、何となくわかるようになります。


もちろん百発百中とは言えませんが、そのような傾向があるので危険な運転をする車を見分ける方法を紹介します。


わかりやすいのは、改造車です。


車高を下げていたり、マフラーを改造していたり、窓ガラスが真っ黒だったり、そういう車は非常にわかりやすいです。


とてもうるさいので、近寄ってくるのもわかりやすいので、注意もしやすいです。


「君子危うきに近寄らず」であります。


他には、アクセルが一定じゃない車も危険です。


道に迷っているのか、携帯電話に夢中なのか、飲酒運転なのか(朝方時々います)、何かしら集中力が落ちています。


スピードが不安定な車は、急に車線変更やブレーキを踏む可能性が高いので、距離を保ってから余裕を持って交わします。


これらは、わかりやすいんです。


何かしらのサインがあるので。



スポンサードリンク






恐ろしいのはサインなしで急な行動をする、一部のお年寄りの車です。


これは予測不能、とんでもない運転をすることがあります、もちろん全てのお年寄りの車ではないですよ、一部の車です。

____5149_.png

高齢者マークを付けてくれていれば、多少は予測できるのですが、それを付ける必要性を認識している高齢ドライバーは、むしろ安全運転です。


自分は何も悪くない、そんなもの必要ない、と思ってしまっている、一部のお年寄りの勝手な運転が、非常に恐ろしいのです。


そんな可能性が高い車があります、いわゆる普通の車、セダンタイプの大衆車です。

わかりやすく言えば、カローラのような車です。

WS000000.JPG

このタイプの車に乗る人って、お年寄りの可能性が非常に高いんですよ。

若者の場合は、セダンにはまず乗りません、同じカローラでもワゴンタイプを選びます。

営業マンが乗っている素っ気ないカローラは別ですけどね、そういうカローラは塗装の質も低く装備も少ないので判断がしやすいです。



ちょっといいカローラが要注意なんです。



お年寄りの中でも、運転に自信がなくなってきて、小型車(ヴィッツなど)に乗り換えている人は、安全運転が多いです。

小型で安全というよりは、自分の運転が衰えていることに自覚があるから、無理をしないのです。


恐ろしいのは、衰えている自覚がない高齢ドライバー、その人たちが乗っている可能性が高いのが、セダンの大衆車ということです。


セダンでも高級車だと、また違った層の人が多いです。


あくまでも同じ価格帯に色々な車種がある中、あえてカローラやラティオのセダンを選ぶ層が、ちょっと危険な高齢ドライバーの可能性が高いと感じています。

WS000002.JPG


なので、私はセダンの大衆車を見かけると、改造車やふらついている車と同様に注意しています。


あくまでも、そういう傾向がある、というお話でした。


セダンがダメ、ということでは全くないので、あしからず。



私にとって大衆車のセダンは、


「高齢者マークよりも注意!」


と認識しています。


みなさんも、危ない車には注意してください。


それでは、今日も周りをよく見て安全運転で♪


【関連記事】

危険予知トレーニングは効果あり!

お婆ちゃんからのプレゼントが・・・

デイライト運動は、本当に必要か!?


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

車を運転するとこに恐怖感があるから怖いのです!疑問を解決すること [テクニック]


先日乗せた、ご婦人に車の運転のポイントを聞かれました。


その方は、雪が怖くて冬は運転をしないのだそうです。


結論から言えば、それでいいと答えました。


冬の運転に恐怖感があって、運転しなくてもいい状況(例えばバスやタクシー)を選べるのなら、それにこしたことはありません。


問題は恐怖があるのに運転をしなけばならない、時です。



スポンサードリンク






人によっては経済的な理由や地理的に、冬でも運転しなければならない状況もありえると思います。


そういう場合、なぜ冬道が怖いのかを理解する必要があります。


簡単にいうとタイヤが「滑る」からですね。


では、どうすればいいのかというと、滑らさなければいいのです。


そのために滑らさないスピードに落とせばいいのですが、それを理解するためには滑らさないとわかりません。


要するに、あえて滑らせてみる、ということです。


安全な場所で、ですよ。


出来れば、誰もいない駐車場などで、あえて乱暴に運転して、滑らせてみればいいんです。


特にブレーキを理解してほしいんです。


一般道でも、後ろに車がいなければ強めに踏んでみて、あえて滑らせてみることによって、どれぐらいで滑るかを理解することが出来ます。


いつ滑るのかわからないから、不安なんです。


それがわかれば、どれぐらい手前でブレーキを踏めばいいかわかるので、余裕をもって対処できるわけです。



普段より手前に止まるつもりでブレーキをかけて、最後はそろそろと近づいて止まればいいのです。



あ、何度もブレーキを滑らせると言っていますが、現代の車のほとんどにABSと呼ばれるブレーキをロックさせない装置がついています、「ガガガガ」と差動して、滑る限界だと知らせてくれます。


それがタイヤの限界、滑る直前ということです。


普段のブレーキはABSが作動するよりずっと手前で余裕を持って踏み始めましょう。


雪道に限らず駐車場が苦手な人も、車が止まっていない広い駐車場で、何度も練習をすれば、余裕がもてるようになりますよ。



スポンサードリンク






車の運転が苦手だという方は、これらの不安、恐怖から目を背けているからなんですね、安全な場所でそれらを理解出来れば、落ち着いて対処が出来るようになります。


苦手な運転、ポイントは人それぞれだと思います、それを何となくにしてしまわないで、きちんと理解しましょう。


特にペーパードライバーなどは、一度おさらいしてみることをおすすめします。



車の安全祈願のお守りより、絶対に安全運転に役立ちますよ。


バックミラーに大きなお守りをぶら下げていると、前方の視界が妨げられます、邪魔にならないところにおきましょう。


それでは、今日も安全運転で♪


【関連記事】

危険予知トレーニングの効果を実感

丁寧なアクセルはブレーキにも関係

車間距離の新基準?「三秒ルール」


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - テクニック ブログトップ
タクシードライバー応援ブログ