So-net無料ブログ作成

女性タクシードライバー必読!?ヒメタクという漫画が発売! [本]


タクシー関連の書籍というのは、たくさんあるわけではないのですが、しばしば出版されています。


有名なところですと、下田景樹さんの息子さんの本でしょうか。


今回発見したのは、何と女性タクシードライバーが主人公、しかも漫画でした。



スポンサードリンク






ヒメタク」というタイトル、漫画アクションという雑誌で月一で連載されています。



まだ発売されて間もない漫画なので、内容については深くは触れませんが、わりと貧困層の陰の部分を描いた作品です。


女性タクシードライバー、しかも美人となると現実には大変な苦労があると思われます。


車内の防犯カメラが設置されてから少し減ったように感じますが、タクシードライバーに対してとんでもない差別的な発言を受けることもあります。


いちいちそれに対して、こちらの正当性を主張したところで酔っ払いには関係なく、警察に行っても無駄に時間が過ぎるので、ほとんどの運転手は泣き寝入りしているのが現実です。


最近では夜の勤務時間でも、女性のタクシードライバーを見かけるようになってきました、昔は昼間だけという会社が多かったんです。


こういうところの男女平等は必要ないと思いますけどね、本当に危険ですから、酔っ払いって本当にタチが悪いです。



スポンサードリンク






女性タクシードライバーのみなさんは本当に気をつけてください、これからタクシードライバーになろうと考えている女性の場合は、防犯カメラが設置されているタクシー会社を選びましょう。


やはりそれなりの抑止力があります。


news_xlarge_hime.jpg


もし美人さんでしたら、わざと似合わないメガネや髪型にすることを考えてもいいと思います、仕事中は色気を抑える工夫も必要です。


あちこちで起きる事件の女性被害者は、大抵美人なんです。


美人であることは素晴らしいですが、よからぬものまで刺激してしまうことがあるので、本当に気をつけてください、良い人ばかりの世の中ではありません。


だんだん愚痴っぽくなってすいませんでした。


世の中、良い人もたくさんいますけどね、上手に見極めて気持ち良く生活していきたいものです。


それでは、今日も酔っ払いの扱いには気を付けて安全運転で♪


【関連記事】

ドライブレコーダーの映像で犯人逮捕

危険な運転をする車の見分け方

タクシーの防犯ボードの重要性!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タクシー運転手は頭脳明晰?ベテランほど海馬が発達していた・・・ [本]


タクシー運転手の脳は、特に記憶を司る海馬が発達している、と大学の研究で発表されていました。


しかもベテランドライバーほど、海馬の発達が大きくなっていたと確認されていました。





と言っても、日本ではなくロンドンの話なのですが・・・



スポンサードリンク






ロンドンの地理は非常にわかりにくく、タクシードライバーになるための勉強に3年は費やすらしいです。

WS000000.JPG

この複雑な地形を、一瞬で最短距離を導く脳内の処理行為が、海馬の発育に関係しているのではないか、ということです。


東京だって十分に複雑なので、同じような効果がありそうですよね。


私の住んでいる北海道は道幅も広く、設計も新しい道路が多いので、東京から比べると非常にわかりやすいです。


なので、あまり脳トレにはなっていないかも知れません。


最近では複雑な東京の地理に対応するべく、カーナビが普及しているので、このような考えるという行為が少なくなっているのかも知れませんね。


ちなみに料理も非常に脳トレにいいそうです。


特に残り物の食材からつくる場合は、創造力、段取りなど、様々な工夫、知恵を総動員して、脳を活性化します。


これもクックパッドのように、残り物の食材で出来る料理を簡単に調べられる時代になりましたが。


「考える、思い出す」→「調べる、検索する」


文明の利器、便利ですけどね、私もお世話になってます。


そして自分で考えたこと、思い出したことよりも、検索結果のほうが、よりよい情報になることも多いです。


だけど考えることも大事なんだな、と感じました。



スポンサードリンク






まず自分で考えて、自分なりの答えを出したうえで、答え合わせとして文明の利器に頼るのがいいのかな、と。


ロンドンタクシーの運転手さんに学ばせていただきました。


私は海外旅行の経験がないので詳しくは知りませんが、ロンドンタクシーの運転手さんは、非常に誇り高く仕事をしているそうです、そして周りの住民からも羨望の眼差しを受けるそうです。


日本のタクシーの運転手さんも、周りから羨望の眼差しを受けられるようになるといいですよね。


少しでも近づけたらいいな、と感じました。


それでは誇りを胸に、今日も安全運転で♪


【関連記事】

タクシー運転手のお手柄、詐欺を防止

ドライブレコーダーの記録で強盗逮捕

ニューヨークのイエローキャブが日産


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

辛い時には「水曜どうでしょう」がいいですよ!風邪には効きませんが。 [本]


少し前に、風邪をひいてダウンしていました。


男、中年、一人暮らし、風邪は色々厳しいものがありますね、それに暇で考える時間があるというのは良くないですね、よからぬことまで頭によぎります、忙しくしていたほうがいいです。

それで少し前に読んだ本を思い出しました。



この本はですね、心療内科のカウンセラーだったかな、そんな感じの人が書いているのですが、

水曜どうでしょう」というテレビ番組の面白さの秘訣を、番組のディレクター陣と対談をしながら分析をしていくという内容の本です。

他の番組にはない、色々な演出や手法、カメラワークなどを紹介していまして、最後のまとめとして、「水曜どうでしょう」は、カウンセリングの手法と非常に似通っている、ということでした。



スポンサードリンク






要するに「水曜どうでしょう」を見れば、カウンセリングを受けたのと同じような効果がある、と。


カウンセラーが患者の停滞している心を動かしていく工程に近いんだそうです。


目的地(解決策?)に一直線ではなく、寄り道しながらでも、ぼやきながらでも、とりあえず進む、ようなことなど、非常に似ているとおっしゃっていました。


この本を読んだ時にですね、私はまさしく「納得」だったんですね。


私個人の話で恐縮ですが、離婚を経験しており(過去の記事に色々書きました)、子どもとの別れがあまりに辛く沈みきった期間がありました。


その時によく見ていた番組が「水曜どうでしょう」だったんですよ。

WS000000.JPG

他にもバラエティ番組はたくさんあるのですが、どれも全然笑えませんでした。


ですが、水曜どうでしょうだけは、スーッと見れたんです。


声をあげて笑う感じではないのですが、クスっとさせてもらえたんです、そして、見ている間は他のことを考えないで済みました。


これが非常にありがたくてですね、毎週の放送は常時録画して、ネットでも動画を探してまで、貪るように「水曜どうでしょう」を見ていた時期があるんです。


基本的に昔から「水曜どうでしょう」が好きだったので、ほとんどの回は見たことがあるのですが、再放送で何度も見れちゃう不思議な番組なんですよね。


そういった辛い時期に、もの凄くお世話になったので、この本の内容を読んで、本当に納得させられたというか、感動すらしました。


どうりであんなに、ただひたすら「水曜でうでしょう」を見ていたんだ、と。



スポンサードリンク






今でも毎週の放送は録画してまで見ています。


もし、みなさんの中でも辛い時期を過ごしていたり、落ち込んでいるのであれば、「水曜どうでしょう」をおすすめしますよ。


気を紛らわすには最高の番組だと思います、難しいことを考えずに癒してくれますよ。


番組の内容は綺麗な映像や、音楽の心地よさとは全く違いますが、出演陣やスタッフのノリや掛け合いが、非常に心地よく感じることが出来ると思います。


私の個人的なおすすめは「ユーコン川」の放送ですね、景色がひたすら川なんですが、やり取りが最高でしたよ。


流石に風邪には効きませんよ(笑)、気分が落ち込んでいるときにおすすめします!



それでは、気持ちを新たに、今日も安全運転で♪


【関連記事】

捨てる神あれば拾う神あり、です

人生は「8×8+4×9」の割合です

強引に小さな幸せを見つける方法!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg



nice!(20)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

リンパ液の流れる速度!運動不足の運転手は気をつけて! [本]


なかなか興味深い本を読みました。


こちらの本です。




この本のタイトルでいうところの、3つの体液、というのは、


「血液」「リンパ液」「脳脊髄液」なんです。


私は「脳脊髄液」は初めて知りました。


それも勉強になったのですが、リンパ液の話がとても面白かったです。



スポンサードリンク






簡単にリンパ液を説明しますと、血液は栄養を運び、リンパ液は老廃物を撤去するそうです。


脳脊髄液は脳を守る液体のようでした。


脳脊髄液は、正直よくわかりませんでした(苦笑)。


血液は心臓がポンプの役割を果たして流れていきますよね。

他の体液は、そういうポンプがなく、とてもゆっくりと流れているんだそうです。

それでも外部からのマッサージや刺激によって、流れを促すこともできます。


外部からのマッサージの他にも、運動やストレッチなどの筋肉の収束によって、体液の流れがよくなるようです。


なるほどな、と思ったところは、横になると身体が楽になるのは、この体液の流れがよくなるからなんだそうです。


立ち上がっていると、重力の影響でリンパ液が足に溜まりやすくなり、むくむと。


タクシーという仕事柄、座りっぱなしの時間が長く、仕事の後半になると、身体の節々が痛くなるというか、疲労感がたまってくるんですね。


ですが仕事の最後に車の洗車をすると、大抵は身体の調子が戻っているんですよ。


仕事が終わったことによる開放感が理由と思っていたのですが、この本を読んで、それだけではないかも、と思ったのです。


それはリンパ液の流れる速度です。


血液は心臓がボンボンと血液を送り出しているので循環が早いのですが、リンパ液はゆっくりと、なんと一秒に一センチしか流れないのだそうです。


このリンパ液の流れの遅さがポイントのような気がしてます。


洗車やその他雑用、売上を収めたりして、約一時間。


その頃には体調が良くなっているのです。


おそろく洗車による軽い運動で滞っていたリンパの流れがよくなり、その効果を実感するのが、ちょうど仕事終わりなんじゃないかな、と。


科学的根拠はありませんけど。



スポンサードリンク






この本を書いている方も東洋医学よりの方なので、なんとなく迷信めいた内容もあるのですが、為になる内容でした。


強いマッサージをし過ぎるのも良くない、とありまして、身体の一部に強い刺激を与え続けると、マメや魚の目になるように、皮膚が固くなってしまうそうです。


靴を履かない人たちが、足の裏が硬いように。


それが背中や肩のマッサージによっても、引き起こされてしまうそうです。


体液の流れをよくするためのマッサージは、さするような軽さでいいようで、肩も揉むというよりは、かるく摘むだけでいいそうです。


「ふくらはぎを揉みなさい」


という本の紹介でも言いましたが、ふくらはぎは血液を心臓に戻すのに重要で、リンパ液の流れにも重要とのことでした。


ふくらはぎのマッサージも特別に強くマッサージする必要もなく、軽くもみほぐすだけで、いいようです。


昔の人間は毎日たくさん歩いていたので、ふくらはぎはたくさん刺激されていたようです。


歩くことが少なくなった現代人は、積極的にふくらはぎへの刺激が必要のようです。


まぁ、結局「歩くのが一番」ということなんですけどね。


その意味に納得した、ということでした。


仕事の休憩時間に軽く運動やストレッチは心掛けていたのですが、それで身体の調子が上向くこともあるのですが、効果がないこともしばしばでした。


ストレッチによって、その時は体液の流れはよくなるのでしょうが、またスグに座ってしまうので、リンパ液がまた滞るのだと思います。


だからといってストレッチの意味がないわけではないでしょうが、ゆっくりと時間をかけて、歩くことがいかに良いのか、分かった気がします。


休みの日は積極的に散歩しようと、思った出来事でした。


タクシーの運転手さんは運動不足の方が多いでしょうから、気をつけてくださいね。


それでは、今日もリンパを流して安全運転で♪


【関連記事】

簡単なふくらはぎのマッサージの仕方

タクシーの車内で出来るトレーニング

運転手の職業病?右肘が・・・


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(31)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか? 接客業の方には面白い本です [本]

この本をご存知でしょうか。





いきなりですが、この本・・・凄い、です。


稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?


読んだのは昨年の秋ぐらいだったのですが、読んだ直後は、そういうものか・・・など漠然とした感想で、それほど印象に残っていませんでした。



著者は、亀田潤一郎さんという方で、元税理士さんで、仕事柄お金持ちや経営者と接することが多く、うまくいっている人は財布を大事にしていると気づいた、とのことです。



その気付き、大切にしている人の特徴が、


・長財布が多い
・高級ブランド
・小銭入れと長財布を分ける
・カードが少ない
・領収書などでパンパンにしない
・ピン札を使う


などでした。



中でも、うわっ、ホントだ、マジか・・・、と唸ったのが、



財布の値段✕200=その人の年収



という内容でした。



私、ほぼ、当てはまっていました(笑)。



衝撃でしたね、それからしばらくして財布を買い替えました。



今使っているのはこれ、札入れと小銭いれに分けました。


DSC_0458.jpg
(ブライドルレザーという堅牢な牛革、競走馬の鞍などに使われる)



色々調べて、考えて、こだわって、選びました。


値段は今まで使っていたのよりは1.5倍増し、という感じです。


これで年収1.5倍になる予定です(笑)。


前に使っていたのはこちらです。

DSC_0459.jpg
(コードバンという馬の革)


それなりに、こだわって選んだのでお気に入りでした。


コードバンは丈夫さが売りでして、ランドセルなどに使われる馬革です。


6年ぐらい使用していて、まだまだ使えそうではあったのですが、年収に直結しますから(笑)、思い切って買い替えました。



スポンサードリンク






どちらもソメスサドルという北海道のブランドの財布です、地元贔屓で選びました。
(競走馬向けの馬具を製作している会社、武豊さんも使用しています)


この本を読んだ時、年収のところは確かに200倍であっていたのですが、それ以外の内容については、半信半疑といいますか、特に今まで意識したことがなかったせいか、それほど惹かれたわけでもないので、すぐに買い換える、という行動をとってはいませんでした。



それがなぜ?に数ヶ月経って、買い換えるという行動を起こしたのか・・・それは、


本の内容が実感、納得出来たからです。


タクシードライバーという仕事柄、お客様の財布を見る機会がたくさんあります。


まぁ~見事なぐらいに当てはまっていましたね、意識して見てみると本当に面白かったです。


タクシーの運転手だからと見下しているような人って、


財布が汚かったり、
見た目が汚かったり、
お札がグチャグチャだったり、
お金を投げるように渡したり、



見た目と人間性とお金に対する扱いが、「雑」なんですよ。



スポンサードリンク






紳士的な人、きちんとした経営者のような方だったりは、


長財布と小銭入れを分けていて(前はお金出すの遅いから分けている人が嫌いでした笑)、
ピン札が多くて、
お札の向きも揃っていて、
言葉遣いも丁寧で、
身なりも整っていて、
人間性も素晴らしく、



お金に対する扱い、運転手に対する扱いがとても丁寧なんです。




本を読む前は、特に意識したことが無かったのですが、↑の内容を知ってしまうと、もう買い換えずにはいられないようになりました。


びっくりするくらい当てはまっていることが多く、お金に意識を向けている人とそうじゃない人、というのは本当に違うな、と感じます。



誤解のないように言っておきますが、別に折りたたみの財布が悪いわけではないのです。


意識、の差です。


小学生ぐらいだと、身だしなみや容姿を気遣うことが少ないですよね。

そこに興味がないですし、別にそれで困っていないですし。


ただ、中学生、高校生ぐらいで気付きがあり、意識するようになると、髪型、洋服、それに女性ですとメイクに興味がわきますよね。


そういった意識の違いです。


お金の話はしたがらない人も多いですし、人それぞれだと思います。


育ってきた環境などで、印象、意識は違うでしょう。


お金持ちだから偉い、という話しではなく、お金を大切にしている人が、お金持ちになる可能性が高い、ということです。


ただ、気づいただけです。


それを気づかせてくれる本です。


読み物としても単純に面白い本ですよ、お客さんの財布を見るのが楽しくなります。


仕事の楽しみが増えます、「やっぱり~」と何度思ったか。


偉そうな言い方で、イヤな気持ちになった方がいたらごめんなさいね。


私も決して金持ち側の人間ではありません。


ただ、金持ち=悪い人、と言うのは違うのかなと感じます。


バブルの頃なら、それも当てはまったのかもしれませんが、今の世の中だと、そんな人はとっくに落ちてしまっていますから。


お金持ちの人は、きちんとした人が多いと感じます。


そういった人達が考えていること、意識、習慣、などを取り入れると、色々な気付きがあり、成長していけると思います。


ちょっとまた偉そうな言い方なんですが、身なりの汚い人だったり、貧乏そうな人って、お金をやたらと折りたたんでいたりするんですよ。


これでもかと、8等分まで折っていたり、
ポチ袋にでも入れるているかのような3等分に折っていたり、
お札の向きもバラバラですし、
財布の中がレシートやポイントカードでパンパンですし、


それを直したからといって、その人がすぐお金持ちになるはずはないですが、意識が変われば、きっと身なりも整えますし、お金だけではなく、人にも丁寧に接するようになれると思います。


寝癖がついていることを気づいていない人が気づけるようになる、ということです。


気づけば、きっと寝癖直すでしょう、フケにも気づくでしょう。


トイレに立ち寄った時は鏡を見るようになるでしょう。


その気づき(意識)です。


気づいていた人にとっては、なんてことない内容なのかも知れませんが、私のように、寝癖つけたまま生きてきた人間には、とてもいい気づきでした。


鏡を突きつけられた感じですかね。


意識したことのない方は、読んでみることをお勧めします。


特にお仕事の会計などで、お客さんの財布を見る機会が多い人におすすめします。


結構売れた本ですから、ブックオフ、古本屋さんにあるかも知れませんね。


これを読み終えると接客が楽しくなりますよ、会計が楽しみになります。


あと10年もすれば電子マネーが普通になっているかも知れませんから、この楽しみは今のうちです(笑)。


それでは、今日も安全運転で♪


【関連記事】

ホリエモンの「ゼロ」という本が秀逸

可愛すぎるタクシードライバーが話題

水曜どうでしょうに癒し効果が!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(43)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
タクシードライバー応援ブログ