So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ
前の5件 | -

タクシーでの財布の置き引き、おぎやはぎの矢作兼が被害者 [ニュース]


少し前に聞いたラジオで、お笑い芸人の「おぎやはぎ」の矢作兼さんがタクシーの車内に財布を忘れた時のエピソードを話していました。



簡単に説明しますと、財布がないことに気づいた矢作兼さんがタクシー会社に問い合わせて、車内の防犯カメラを調べてみると、矢作兼さんの次に乗った客が財布を取った映像が残っていたのだそうです。

財布を無くしただけなら警察に紛失届を提出するのですが、この場合は被害届になるのだそうです。



スポンサードリンク






警察で状況を説明して財布の特徴などを伝えると、何と近くの警察署に落とし物として届いていたのだそうです。

現金だけは抜き取られて、他のカードや免許書は無事に戻ってきたそうです。

その時の矢作さんのエピソードで、さらに興味深かったのが、


「最近の防犯カメラの映像は凄いね、夜なのに顔が鮮明に映るんだよ、こういうのをニュースでバンバン流すといいよね、今頃犯人は冷や汗かいているんじゃないかな」


と語っていました。


WS000000.JPG



ここのブログでも同じようなことを主張してきたので、ちょっと嬉しかったです(笑)。

本当に鮮明に映ります、しかも音声を拾うマイクも後部座席に設置されており、かなり詳細を記録出来ます。

お客様のプライバシーの問題もあるので、基本的には一定期間(数日間)を過ぎると自動で削除されていくようです。

この辺はタクシー会社の設定によって違うかも知れませんが。

タクシーの稼働時間は一日20時間近くありますからね、その全てのデータを取って置くことはかなり無理があります。

問題が起きれば、その時の映像を残すことはするでしょうが、一般のお客様の映像は自動的に消去されていくので安心してください。



スポンサードリンク






今回の矢作さんの置き引きの事件を考えると、一般的な支払の全てが高度な管理がされている電子マネーやクレジットカードであれば、支払いをした人(犯人)の特定も簡単に出来ますし、そもそも財布を取るメリットもないですし、犯罪の抑止力に繋がるのではないでしょうか。


犯罪の多い国では十数年前からクレジットカードによる支払いは当たり前かも知れませんが、やはり日本もそのようになっていくべきだと思います。


WS000001.JPG


機械に弱い人にとっては、大変なことではありますが(私も未だにlineをしていません)。


そもそも大きな現金がなければ、タクシー強盗もコンビニ強盗も起こりません。


クレジットカードもスキミングとか言って乗っ取られるケースがあるようですが、基本的にはカード会社が保証してくれるシステムになっています。


スマホの指紋認証も普及してきましたし、電子マネーと上手に組み合わせて、より強固なシステムが普及することを願っています。


しかし強盗やら犯罪者のせいで、防犯にお金がかかる世の中になりましたね。


家の鍵や車の鍵もそうですし、カメラや防犯ガラスやセコムなど、昔は必要なかったものにコストがかかってしまいます。


銀行振り込みも手間が増えましたし、ネット銀行なんてログインするだけで四苦八苦してしまいます。



指紋認証の他にも声帯認証や虹彩(目)認証などの技術を組み合わせて、犯罪者を寄せ付けられない圧倒的な強固なシステムの発展に国家予算をかけた方が、犯罪の抑止力につながるような気がします。


そのような犯罪が少なくなると、より原始的な暴力による犯罪が増えてきそうで怖い気もしますが・・・。


またまた話があちこちに飛んでしまってすいません、要するにタクシーの防犯カメラの性能は凄いですよ!って話でした、タクシー強盗を考えている人は考え直してください!!!


それでは今日も、忘れものには気を付けて安全運転で♪


【関連記事】

タクシーの偽札被害がまた発生!

タクシー運転手が犯人逮捕に貢献

タクシーに忘れ物をした時の対処法


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg



nice!(34)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

白タク解禁?問題点は運転技術よりも犯罪リスク [ニュース]


白タク解禁が話題になっていますね。

白タクを簡単に説明しますと、一般の車(営業許可を得ていない)が人を輸送してお金をとる行為です。

車のナンバーが白いので、通称「白タク」と言われています。

WS000000.JPG

タクシーが捕まらなかったバブル期は、相当な数の白タクが存在していたようです。



スポンサードリンク






一部、地域を限定して白タクを認めてはどうかと、様々な議論がなされています。


問題は「一部地域」の線引きになってくると思います。


過疎化された地域では、タクシーの数も少なく生活の足として期待されています。

プロの運転手の立場から言わせてもらえば、人の輸送はそれほど甘くないと思います。

過疎化された地域というのは、そもそも限られたコミュニティです、ご近所さんは知り合いだらけなんですよ。

WS000001.JPG

そもそも良い人であれば、ご近所さんに送迎してもらって、お礼に野菜を上げたり、お金を包んであげたり、持ちつ持たれつで成り立っているケースが普通に存在します。

白タク解禁は、そのコミュニティに入れない方が対象になると思います、いくらお金を貰えるからと言って、近所の苦手な人を送迎するかと言うと、難しいのではないでしょうか。

過疎化された地域ほど、人口は少ないのです。

タクシーより安い値段で、わざわざ遠くから来てくれるでしょうか。

タクシーだと横暴でイヤな客だとわかっていても、接客業として受け入れますが、個人でイヤな客だと思ったら、二度とその人の依頼を引き受けないでしょう。

過疎化しているんです、そもそも選べるほど人はいないのです。

タクシー運転手と揉めて、タクシー会社をコロコロ変えていく方も珍しくありません。

世の中には「お金を払う側は横柄な態度を取って当然だ!」と思っている人も少なからずいます、今回議論されている白タク解禁では、



「過疎化された地域の、感じのいい人」



にしか、上手くいかないのではないでしょうか。


正直、色々なお客さんがいます。


これを言うと申し訳ないんですが、物凄くクサイお年寄りとかいるんですよ、降りた後でも匂いが染みついていて、シートカバーを交換して、手が触れた箇所を徹底的に拭き上げたりすることもあります。


タクシー専用車のシートであれば、拭き取りもしやすい素材になっていますが、これが一般の車の布製のシートだと厳しいかも知れません。


最悪は吐かれてしまうこともあるでしょう。


白タクに反対する意見として、二種免許、運転技術について問題視されている方も多いですが、介護ヘルパーさんの運転が問題になるケースがそれほどあるわけではないので、そこは問題ではないと思います。

どちらかと言えば「お客さん」への対応のほうが、ずっと難しい問題になるのではないでしょうか。



スポンサードリンク






そして一番の問題点は、犯罪リスクです。


ここで何度も取り上げていますが、タクシー強盗対策がされていない一般の車は、格好の標的になるのではないでしょうか。


タクシーのように防犯ボードや車内カメラを取り付けてまで行う人はいないでしょう。

WS000000.JPG

さらに料金メーターがなければ、値切られる問題も出てきます、国や地域によっては値切ることが当たり前という文化があります。


さらには偽札を使われる可能性もあります。


そして犯罪者に使われるリスクもあります、タクシーであればお客さんを乗せた場所、時間などが記録されるのですが、そのようなこともなくなります。


おそらく警察側も、白タク解禁に賛成しないのではないでしょうか。


過疎化した地域の問題は本当に難しいですが、白タク解禁は正解ではないように思えます。


私も過疎化された地域出身だからわかりますけど、本当に知り合いだらけなんですよ、病院や買い物の送迎なんて、当たり前にようにみんなやっています。


わかりやすくお金を払わなくても、ご飯をご馳走したり、何かしらお礼をして成り立っています。


隣の家まで数キロ離れていて近所付き合いのない超過疎化地域ぐらいしか、上手くいかないのではないでしょうか。


それこそ中規模都市まで白タクを解禁してしまうと、犯罪リスクがグッと増えることになります。


白タク解禁をするのであれば、線引きが本当に重要になるでしょう。


白タク解禁という意見が出てくること自体は悪いことではないと思います、議論を重ねてより洗練された解決策が見つかるかも知れません。


タクシー業界からすると白タク解禁案は絶対に出てこない意見ですから、外からの視点、意見というのも大切だと思います。


外からは見えない内側の問題点を紹介させて頂きましたが、ある意味白タク解禁は盲点だったので考えさせられる機会になりました。


頭のいい人達が、このような意見をぶつけ合って、より良いタクシー業界に発展していくことを願っています。


内側からの意見ばかり優先すると、バブル期のような横柄なタクシー運転手が増えてしまいますからね。


私も外からの意見を柔軟に取り入れられるように精進しようと思います。


それでは、明るいタクシー業界の未来を願って、今日も安全運転で♪



【関連記事】

タクシー運転手が犯人逮捕に貢献

ドライブレコーダーの映像で犯人逮捕

絵柄付きナンバーが自動車でも?


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タクシーの偽札被害がまた発生!防ぐ手立ては・・・ [ニュース]

残念ながら、またまたタクシーの運転手が被害を被りました。

稀におこる偽札事件、実はタクシー運転手が被害に合うことが多いんですよ。

タクシーの車内は薄暗いですからね、さらに老眼であろう高齢ドライバーが多いのも、狙われる理由の一つだと思います。



スポンサードリンク






ドライブレコーダーの普及でタクシー運転手の被害が減っていくことを期待しているのですが、残念ながらそうもいかないようです。

見つかった偽札はカラーコピーで作られたような出来だったそうです、このカラーコピーの進化というのも、この手の事件が度々起こる理由になっているかも知れません。

WS000000.JPG

もちろんカラーコピーが悪いわけではありませんが。


タクシー運転手のみなさんは偽札チェックをしているでしょうか?


正直、私はしたことがありません。


一万円札を差し出したお客さんの目の前で、車内灯に透かすのは・・・やはり失礼にあたるように感じます。

WS000001.JPG

タクシーを待たせて離れるお客さんに、何か荷物を置いていってもらう場合も、失礼にならないように心掛けて言っているつもりですが、やはり疑われたお客さんは不機嫌になってしまうことが多いです。

本当に難しい問題ですが、解決方法で思いつくのは自動精算機でしょうか。



スポンサードリンク






最近はスーパーのレジでも多くみられるようになっていますよね、もちろん偽札は使えませんし、おつりも自動で出てくるので、釣銭を間違えることもないでしょう。

WS000000.JPG

こんなのを小型化して縦型にすれば、タクシーでも利用出来るのではないでしょうか。

さらにクレジットカードや電子マネー、領収書もボタン一つでお客さんのほうで選べれば、ますます便利になると思います。

そして運転手が自由にお金を取り出せないこのシステムであれば、タクシー強盗もなくなることでしょう(運転手個人の財布を狙う可能性は0ではないですが・・・)。


どこかの会社が安価でこのシステムを開発出来れば、タクシー業界に一気に浸透すると思います。


ただ、おそらく安価には出来ないのでしょう。


コンビニは度々強盗に襲われるのに、資金力があるはずの大手コンビニですら浸透していないところを見ると、乗り越えるべき壁がたくさんあるのだと思います。


外食店では食券のシステムを採用すれば強盗は起きないでしょうが、よく強盗に狙われていた「すき家」が採用しないのにも、それなりに理由があるのだと思います。


年輩のお客さまだと、機械に苦手意識を持っている方もいますし、人間味がないと敬遠される方もいます。


サービス業ということを考えると難しい問題です。


タクシーのお客さんの年齢層を考えると、やはり高齢者が多いですからね。


全てを解決するのは難しいですが、少しずつでも進化していくしかないのだと思います。


これから年末にかけて犯罪は増える傾向にあります。


タクシー運転手に限った話ではないですが、みなさん気をつけて頑張りましょう!


それでは今日も、偽札をさりげなくチェックして安全運転で♪


【関連記事】

ドライブレコーダーで犯人逮捕に!

菜々緒さんがタクシーで窃盗被害?

自動運転システムの開発の前に・・・


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

自動運転の無人タクシーの前に自動車が進化するべきところ [ニュース]

なんと2020年の東京オリンピックへ向けて、国家戦略として自動運転による無人タクシーの実証実験が始まるそうです。


一番の問題点は技術的なことよりも、


「運転席に人がいないとダメ」


と定められているジュネーブ条約の道路交通法七十条なんだとか。

WS000000 (1).JPG


東京オリンピックまであと五年弱・・・何一つ間に合うとは思えませんが。



スポンサードリンク






何かしら新しいことにチャレンジすることは素晴らしいですが、自動運転の実現は難しいでしょうね。

路面電車のように線路でもあれば、ある程度制御は出来そうですが、そのために道路は作り直すのもバカバカしいですし、現実的ではありません。

全ての車を一斉に管理出来れば、車間距離なども含めて管理が出来るかも知れませんが、歩行者や自転車、それに動物だっていますから、問題だらけだと思います。


みなさんが子供の頃に想像した未来、2020年ってどんな感じでしたかね?


私は車なんて空を飛んでいると思っていました、料理もボタン一つで目の前に出てくると思っていました。

WS000001.JPG

案外、子供の頃に思っていた未来には追いついていないように感じます。



スポンサードリンク






ですが、一方で携帯電話が当たり前になり、マイクロSDカードにCDが何百枚分や本が何百冊も収まるなんて、想像も出来ませんでした。

WS000000.JPG

なので、思わぬところで未来の想像を超えてくることもありますよね。


少し前に昔のアニメが再放送されていたのですが、未来の設定でロボットに乗って戦っているのに、会議室の机が折りたたみの昔ながらの机で、ギャップがあって面白かったです。


近未来のロボットは想像出来ても、身近な物の進化は想像できなかったのだと思います。


きっと消せるボールペンや針のないホッチキスなどは、未来としては想像出来ないのでしょうね。


もっと、こう飛び越えて進化をするように期待してしまいます。


ですが、実際には少しずつしか進化はしないのだと思います。


おそらく車の自動運転も、少しずつしか進化しないと思います、ただそこを目指す過程で、何かしらの補助出来るシステムが見つかるかも知れません。


現実的な進化であれば、以前にも紹介したスリープバスターという眠気を感知して警告を与えるシステムのほうが、近いように感じます。


あと高精度のドライブレコーダーの搭載が義務付けられれば、速度やブレーキを踏んだタイミング、ウィンカーを出したかどうかも全て記録されるので、かなりの抑止力に繋がると思います。



私が働いている地域には、物凄く評判の悪いタクシー会社があります。


色々なタクシー会社をクビになった運転手が集まっているという凄いところなので、タクシーの暗黙のルールも平気で破ってきます。


他のタクシー会社とトラブルを起こすことも度々ありましす、お客さんとのトラブルも多いのですが、政治的な理由で大きな顧客を抱えており、そこだけでそれなりの売り上げになっているようです。


その悪名高きタクシー会社がですね、ドライブレコーダーが取り付けられてから、かなり運転が大人しくなったんですよ。


やはり証拠が残ってしまうので、抑止力に繋がったと思われます。


全ての車にドライブレコーダーを義務にして、基本的には警察しか見ることが出来ないシステムにしてしまえばいいんです、正常に録画されていなければ車検に通らないようにして。


これで暴走する車はかなり減るでしょう、飲酒運転だって抑止力が働きます。


全ての車に搭載を義務付けるのは難しいかも知れませんが、燃費のいい車の税金が安くなるように、国が定めたドライブレコーダーを搭載している車は、税金が割引になるような設定があれば、普及していくのではないでしょうか。


スリープバスターとドライブレコーダーのほうが、消せるボールペンや針のないホッチキスに近いように感じます。



自動運転よりもずっと早く、安く、実現化出来るのではないでしょうか。


まぁ、でも、違反する車が少なくなったり、事故が減ると困る職業の方もいますからね、難しいとは思います。


自動運転は、2020年の東京オリンピックでは無理でも、その次の日本のオリンピックぐらいには実現してもらいたいですね。


車がないかも知れませんが・・・。


取りあえず今できることは、健康に気を付けて安全運転をすることですね。


それでは、今日も元気に安全運転で♪


【関連記事】

居眠り運転防止装置が発売された

ドライブレコーダーの記録で逮捕!

ついにトヨタのタクシーも新型に!


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

救急車を呼ぶべきか相談できる番号!タクシー代わりにしない為に [ニュース]


救急車タクシー代わりに利用する方が増えている、というニュースを見ました。


東京都内での救急車の出動回数が右肩上がりで、そのうち半数以上は救急車を呼ぶ必要がないと思われる状態だということです。


確かに大変な問題だとは思うのですが、一般の方が判断するのも難しいと思います。



スポンサードリンク






中には明らかに酷いケース、病院の待ち時間がイヤだから、タクシー代を払いたくないから、等のケースは問題外、何かしらの処罰があってしかるべきだと思います。


しかし、医療現場のプロから見れば大したことがない状態でも、一般の人からすれば、重大なケガや病気だと思い込んでしまう場合もあると思います。


そういう時に、救急車を呼ぶべきか相談できる電話番号が存在します!


救急車を呼ぶ時は「119」ですが、その前に相談する時は、
消防庁救急相談センター「#7119」に電話をしてください。


一年中、いつでも相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等)が判断してくれます。
子どもの場合は大人と違う事情もあるので、さらに専門があり、「#8000」に電話をしてください。


小さなお子様がいらっしゃる家庭は、携帯電話に登録しておきましょう。


もちろん、明らかに呼吸が止まったり、大変な場合は迷わず「119」です。

何となくおかしい、今までとは何か違うな、という場合などに相談にのってくれるということです、怪我の場合も程度を説明して、緊急を要するのか、そうではないのか、を判断してくれるそうです。



スポンサードリンク






たまにタクシーでも救急センターや、大きい病院の夜間受付にお客さんを運ぶことがあります。


自分で歩いてタクシーに乗って行先を告げれる状態でなので、ほとんどは問題ないですが、一度だけ行先を告げた後、後部座席で横たわってしまったことがあります、とても苦しそうで呼びかけても全く反応がありませんでした。


救急車を呼ぶことも考えたのですが、そのまま私が届けた方が早いと思い、会社に無線で知らせ、救急センターに連絡をしてもらいました。


数分後に私のタクシーが到着すると、玄関に看護師さんが寝たまま移動できるベット(名前がわかりません)を持って、的確に運んで行ってくれました。


WS000000.JPG


その時にお金は頂けなかったのですが、無事回復されたようで、後日会社にお金を持ってきてくれました(菓子折りまで頂きました)。


救急車をタクシー代わりにするのはもってのほかですが、逆にタクシーが救急車代わりには、なりえません。


本当に大変な時は、やはり迷わず救急車を呼ぶべきなのでしょう。


どんどん高齢化しているので、救急車の数を増やすしか解決策がないように思えます。


頻繁に救急車をタクシー代わりに呼んでいる人は、いざ本当に大変な時に、救急車が立て込んでいたら、どうなんでしょうね、オオカミ少年のようにならなければいいのですが・・・。


やはり誠実でありたいものです。


それでは健康に気を付けて、今日も安全運転で♪


【関連記事】

車内ならではのインフルエンザ対策

正しいラジオ体操を心がけましょう

タクシー運転手は膀胱炎に気を付けて


スポンサードリンク





【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!

JAFに入っていない人にオススメ!


mokuji (1).jpg




nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - ニュース ブログトップ
タクシードライバー応援ブログ