So-net無料ブログ作成
検索選択

JAFは必要!?入っていない人はクレジットカードで代用を! [お得情報]


みなさんはJAFに入会しているでしょうか。


私は免許をとって、始めの二年間ぐらいは入っていたと記憶しています。


JAFの年会費の「4000円」がもったいないと感じて退会してしまいました・・・。


だからと言って、JAFに入会している人を否定しているわけではありません。


特に車に詳しくない方には、JAFの会員という一種の安心感を与えてくれるのではないでしょうか。


スポンサードリンク




私の記憶ではJAFに入会していた時は、定期的に会報が送られてきました。


当時の私は車好きで、積極的に車の雑誌や情報に触れていたので、会報の知識は当たり前の内容だったと感じましたが、そうではない方には勉強になる内容だったと思います。


うるおぼえですが、ロングドライブの前のチェックポイントや、ワイパーの交換方法などが紹介されていたと思います。


それにJAFカードがあると、提携しているお店で割引になることがありますよね。


先日、高倉健さんの映画、「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地(夕張)に行ってきたのですが、一緒に行った友達がJAF会員だったおかげで、二人の入場料が割引になりました。


WS000000.JPG


その後に立ち寄った「石炭博物館」は割引になりませんでしたが・・・。


基準がよくわかりませんが、JAF会員だと思わぬところで得することがありそうです。


最近では保険会社のロードサービスやクレジットカードのサービスで、JAFと同様のサービスが受けられるから必要ない、という意見もあるのですが、車の知識がない人にとっては、やはりJAFという安心感は心強いのではないでしょうか。


さらに大手の保険会社とJAFは提携していることがあり、JAFのサービスを超えた時も保険会社のサービスと組み合わさることで、タダになるケースもあるようです。


大手の保険会社なので、そもそもの保険料が割高なんですけどね。


私が入っている保険会社(ソ○ー損○)は、ロードサービスが指定会社までなら無制限(自宅など指定の場合は50キロまで)ですけどね(笑)。


自動車保険の会社は、ディーラーだったり、知り合いとの付き合いで加入していることもあると思うので、自由に選べない人もいると思います。


特にそういうしがらみがないのであれば、保険の比較で安くあげることが出来ますよ。


>>自動車保険を安くあげる方法


もしあなたがJAFにも入っておらず、保険会社を変えられないのであれば、「エネオスカードS」を持っておくことをおすすめします。


「エネオスカードS」は入会金、年会費無料(年に一度も使用しない場合は1250円)なのに、JAFに近いサービスが付属されています。


JAFに近いといっても、もちろん年会費が4000円(入会金2000円)のJAFほどではないですけどね。

JAFはロードサービスが15キロまで無料、エネオスカードは10キロまで。

JAFのロードサービスには回数制限はないですが、エネオスカードは年3回まで。

JAFは誰の車に乗っても適用されますが、保険会社やカードの場合は本人が使用している車のみ。


のような違いがあります。


というか、一番は保険会社のサービスなんですけどね、プランにもよりますが、バッテリー上りやキーのとじ込みは大抵無料です。


保険のプランよっては宿泊費なども負担してくれるケースもあるので、一度よくチェックしておきましょう。


ロングドライブのコツは、このような安心感を得ることも重要です、事前に保険会社の内容をチェックしておき、携帯電話に連絡先を入れて置くと安心ですよ。


なので、JAFにはJAFの安心感がありますから、「必要がない」なんて言いません。


それにモータースポーツに参加する場合は、JAFの会員である必要があるので、車のレースなどが好きな人はメリットも多いですよ。


もし現状で、あなたがJAFに入っていない場合は、「エネオスカードS」(PとCは年会費が必要)を持っておくといいですよ。


ENEOSカードの入会はコチラ


もちろんエネオスでのガソリンも安くなりますから、一度ガソリンをクレジットカードで入れれば年会費無料です。


ちなみに、これからJAFに入ろうと考えている方は、5年分(20000円)をまとめて支払うと、入会金がタダになりますよ。


一年払いでも、入会時に自動振替を選べば入会金が500円(2000円→1500円)安くなります!


JAFの優待施設は全国に34000店もあるそうです、旅行好きの方にも特にいいかも知れませんね。


ちなみに、JAFや保険会社やクレジットカードのロードサービスの質は、それほど大差がないと言われています。


というか、現代の車の故障で、その場で修理が出来るものは限られているんですよ、昔の車のようにどこかを調整して調子がよくなる、というケースはあまりありません。


多くはバッテリーあがりですし、ガス欠やパンクぐらいしか、その場で対応出来ません、なので整備士の腕の質による差は現代の車ではあまりありません。


だからことそ、ロードサービスがポイントなんですよ、近くの修理会社に運ぶことになるので。


少し田舎の方にいくと、それぞれが提携している自動車修理会社が担当します。


私の知り合いの父親の会社が、まさしく自動車修理会社の方で、からくりを教えてくれました。


「どこに頼んでもいっしょだよ、この辺は俺が行くんだから」


と。


もちろんJAFの営業所がある街では、あの専用車が向かうのでJAFの方が担当してくれますけどね。





私の住んでいる北海道では、とんでもないアイスバーンに見舞われることがあり、そんな時は事故があちこちで大発生してしまいます。


しかも渋滞も起きるので、JAFを頼んでも別の自動車修理会社が来ることがあるそうです。


アイスバーンの場合は、大抵が事故なのでレッカー移動、ロードサービスさえ出来ればいいわけです。


最近はキーの閉じこみも「リモコンキー」のおかげで減ってきているようです。


JAFの入会は、保険会社やクレジットカード会社、あなたのカーライフに合わせて上手に選びましょう。

一番良いのは、故障もなく無事故で、どこにもお世話にならないことですけどね。


それでは、今日も安全運転で♪




スポンサードリンク






【よく読まれている記事】

タクシーを安く乗る裏ワザを紹介!

自動車保険を劇的に安くする方法!


mokuji (1).jpg




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
タクシードライバー応援ブログ